Member's Login

会員ログインはこちら閲覧には会員登録が必要です
音楽
映像ソフト
書籍
商品・データ・サービス等
お問い合わせ
サービスのご案内

Ranking Topics

【DVD・BD】なにわ男子、ライブ映像作品 3部門同時1位獲得
DVD・BD

なにわ男子、ライブ映像作品 3部門同時1位獲得
24/2/26付(集計期間:24/2/12〜24/2/18)オリコン週間映像ランキングでは、『なにわ男子 LIVE TOUR 2023 'POPMALL'』が、初週売上DVD:8.3万枚、Blu-ray Disc(以下BD):14.8万枚で、【DVD】【BD】ともに初登場1位を獲得。さらに、音楽作品のDVDとBDを合計した【ミュージックDVD・BD】でも週間売上23.1万枚で首位となり、3作連続、通算3作目となる映像3部門同時1位となった。なにわ男子『なにわ男子 LIVE TOUR 2023 'POPMALL'』通常盤【2Blu-ray】(ストームレーベルズ/2024年2月14日発売) 同作は、23年7月から10月にかけて全国9会場、全44公演を開催した、なにわ男子最大規模のアリーナツアーを収めた映像作品。8月10日の横浜アリーナ公演の模様を収録した本編は、2023/7/24付「オリコン週
2024/02/22
【デジタル】Creepy Nuts「Bling-Bang-Bang-Born」2週連続デジタル2冠
デジタル

Creepy Nuts「Bling-Bang-Bang-Born」2週連続デジタル2冠
24/2/26付オリコン週間デジタルランキング(集計期間:24/2/12〜24/2/18)【デジタルシングル】では、ヒップホップ・ユニットCreepy Nuts「Bling-Bang-Bang-Born」が週間DL数2.1万DL (累積DL数7.4万DL)で2週連続の1位を獲得。【ストリーミング】では、週間再生数1,874.2万回(累積再生数7,991.8万回)で、4週連続の1位となり、2週連続でデジタルランキング2冠を達成した。ラッパーのR-指定とDJ松永によるヒップホップ・ユニット・Creepy Nuts 同曲は、TVアニメ『マッシュル-MASHLE-』第2期『マッシュル-MASHLE- 神覚者候補選抜試験編』」(TOKYO MXほか)のOPテーマとして書き下ろされた曲で、TikTokでは、OP映像に合わせて踊る「BBBBダンス」チャレンジが話題になっている。【デジタルアルバム】では、
2024/02/21
【YouTubeチャート】劇場版アニメ『機動戦士ガンダムSEED FREEDOM』主題歌「FREEDOM」TOP10入り
YouTubeチャート

劇場版アニメ『機動戦士ガンダムSEED FREEDOM』主題歌「FREEDOM」TOP10入り
今週(2024.2/9〜24/2/15)のYouTubeチャートTOP100の週間総視聴回数は先週比で4.8%減、TOP100の初登場作は14作(先週9作)となった。 1位は、YOASOBI「アイドル」(653.0万枚)。視聴回数は減少しているものの、5週連続、通算28回目の1位となった。視聴回数を伸ばし、僅差で2位(先週3位)となったのは、ラッパーのR-指定とDJ松永によるヒップホップ・ユニット・Creepy Nuts「Bling-Bang-Bang-Born」(652.5万回)。TVアニメ『マッシュル-MASHLE- 神覚者候補選抜試験編』のオープニング(OP)テーマで、TikTokではOPアニメーションに合わせて踊る「BBBBダンス」チャレンジも話題となっている。なお、3月20日には、TBS系金曜ドラマ『不適切にもほどがある!』の主題歌「二度寝」との両A面シングル「二度寝/Bling
2024/02/21
【ストリーミング】東京ドーム解散ライブで歴史を作ったBAD HOP 10作ランクイン
ストリーミング

東京ドーム解散ライブで歴史を作ったBAD HOP 10作ランクイン
24.2/26付(24.2/12〜2/18)、ストリーミングTOP100内の週間総再生数は2億7739.1万回(先週比9.9%減)、TOP500は5億8450.0万回(同8.5%減)。TOP500に初登場したのは29作(先週13作)で、そのうちTOP100入りしたのは7作(先週2作)となった。アーティスト別TOP500合計再生数の上位30組の動向■Creepy Nuts「Bling-Bang-Bang-Born」V4 TOP500に8作ランクイン 4週連続1位は、人気TVアニメ『マッシュル-MASHLE- 神覚者候補選抜試験編』のオープニング(OP)テーマ、Creepy Nutsの「Bling-Bang-Bang-Born」(再生数1874.2万回)。83位(先週101位)にはTBS系金曜ドラマ『不適切にもほどがある!』の主題歌「二度寝」(同161.6万回)、107位(先週129位)「のび
2024/02/21
【アルバム】
INI、2ndアルバム 2作連続となる1位獲得 自己最高の初週売上
アルバム

INI、2ndアルバム 2作連続となる1位獲得 自己最高の初週売上
24/2/26付オリコン週間アルバムランキング(集計期間:24/2/12〜24/2/18)では、 11人組男性グループ・INIの2ndアルバム『MATCH UP』が、初週売上24.8万枚で1位を獲得した。INIの同ランキング1位獲得は、2022/12/26付で1stアルバム『Awakening』が1位を獲得したのに続き、2作連続、通算2作目。さらに、初週売上24.8万枚は、前作の1stアルバム『Awakening』の24.1万枚を超え、自己最高を記録した。INI『MATCH UP』(LAPONE Entertainment/2024年2月14日発売)(C)LAPONE Entertainment 同作は、サバイバルオーディション番組『PRODUCE 101 JAPAN SEASON2』から誕生したグループ・INIの2ndアルバム。「オリコン週間シングルランキング」で、それぞれ1位を獲得した
2024/02/20
【シングル】Snow Man「LOVE TRIGGER / We'll go together」初週ミリオン突破
シングル

Snow Man「LOVE TRIGGER / We'll go together」初週ミリオン突破
24/2/26付オリコン週間シングルランキング(集計期間:24/2/12〜24/2/18)では、Snow Manの最新シングル「LOVE TRIGGER / We'll go together」が、自己最高となる初週売上119.3万枚を記録。9作連続1位を獲得するとともに、Snow Man単独としては初の初週ミリオン突破となった。SnowMan「LOVE TRIGGER / We’ll go together」(MENT RECORDING/2024年2月14日発売) 同作は、メンバー主演ドラマの主題歌に起用された両A面シングル。「LOVE TRIGGER」は、岩本照が主演を務めるテレビ朝日系オシドラサタデー『恋する警護24時』の主題歌、「We'll go together」は、渡辺翔太が主演を務める日本テレビ1月期シンドラ『先生さようなら』主題歌となっている。※2020年1月に、「Six
2024/02/20
【合算シングル】Creepy Nuts、デジタルのポイントのみで2週連続1位獲得
合算シングル

Creepy Nuts、デジタルのポイントのみで2週連続1位獲得
24/2/19付(集計期間:24/2/5〜24/2/11)オリコン週間合算ランキングでは、【合算シングル】で、Creepy Nuts「Bling-Bang-Bang-Born」が、週間7.2万PTで2週連続の1位を獲得。同作はCDを発売していないが、【デジタルシングル】【ストリーミング】で1位となり、音楽ランキング3冠を達成した。Creepy Nuts「Bling-Bang-Bang-Born」 2位には、tuki.の『晩餐歌』(週間3.7万PT)がランクイン。【ストリーミング】で2位となり、このポイントが好調で、11週連続でTOP10入りを果たした。【合算アルバム】では、SEVENTEENのアルバム『SEVENTEEN 11th Mini Album「SEVENTEENTH HEAVEN」』が、週間7.5万PTで1位を獲得。【アルバム】でも1位となり、音楽ランキング2冠となった。なお、同
2024/02/16
【BOOK】有村架純、写真集ジャンル1位・2位独占
BOOK

有村架純、写真集ジャンル1位・2位独占
24/2/19付(集計期間:23/2/5〜2/11)オリコン週間“本”ランキング【BOOK】では、『有村架純写真集「sou.」初回限定版』(マガジンハウス)が週間売上0.9万部で1位を獲得。続いて、『有村架純写真集「sou.」通常版』(マガジンハウス)が週間売上0.8万部で2位となり、有村架純が写真集ジャンル1位・2位を独占した。『有村架純写真集「sou.」初回限定版』(マガジンハウス) 有村架純の30歳のアニバーサリーを兼ねた今回の写真集は、「ファンの方がいつも温かいので、感謝の気持ちを伝えたいです」という本人の言葉から制作がスタート。大人の色香、屈託のない笑顔、美しいボディライン、お茶目なしぐさなど、30歳の「今」を切り取り、本人が紡ぐ言葉とあわせて収録されている。【BOOK】1位は、『変な家2 〜11の間取り図〜』(雨穴著/飛鳥新社)。週間売上1.6万部で、累積売上は33.6万部に達
2024/02/16
> MORE

Special

【マーケット動向】音楽ソフト1月度としては過去5年で最も低い実績に アルバム、音楽DVD・BDふるわず(ORICON BiZ online)
マーケット動向

音楽ソフト1月度としては過去5年で最も低い実績に アルバム、音楽DVD・BDふるわず
24年1月度(対象期間24. 1/1〜2/4)の音楽ソフト(オーディオ+音楽DVD・Blu-ray Disc/以下BD)の総売上額は154.0億円(前年同月比29.8%減)の大幅な減少となり、過去5年で最も低い実績となった。盤種別ではシングル(同4.3%増)が微増したものの、アルバムが17.9%減と落ち込んだことで、オーディオソフト全体では前年同期比13.8%減となった。さらに、音楽DVD・BDが両盤種とも前年実績を大きく割り込み、両盤種の合計では前年の半分以下の実績となっている。■シングルは金額が前年同月を上回るも数量は大幅減、アルバムはヒット作不足で低迷【シングル】の月間総売上は24.1億円(前年同月比4.3%増)となったが、前年の1月度の実績は1年を通して最も低かったことから、低調であったことは変わらない。一方、売上枚数は124.1万枚(同17.0%減)となっており、作品価格の上昇が
2024/02/14
【リリース】「横浜銀蝿」デビュー45周年記念 銀蝿ファミリートリビュートアルバム5月発売決定 フェスも開催(ORICON BiZ online)
リリース

「横浜銀蝿」デビュー45周年記念 銀蝿ファミリートリビュートアルバム5月発売決定 フェスも開催
横浜銀蝿が2025年のデビュー45周年を控え、「45周年PRE-YEAR」を始動。その第1弾として、5月8日にリリースされるトリビュートアルバム『仏恥義理 斗璃美勇徒 Ginbae Family Tribute Album』の制作が進められている。「45周年PRE-YEAR」がスタートした横浜銀蝿横浜銀蝿のロックンロールに純粋に向き合えるトリビュートアルバム 横浜銀蝿の正式名称は、「THE CRAZY RIDER 横浜銀蝿 ROLLING SPECIAL」。嵐(Dr)、翔(Vo, Gt)、Johnny(Gt, Vo)、TAKU(Ba)の4人組バンドとして、1980年にアルバム『ぶっちぎり』、シングル「横須賀Baby」の同時リリースでデビュー。革ジャンに白いドカン(極端に裾幅の広い変形ワイドパンツ)、リーゼントといういで立ちで、昭和の“ツッパリ”文化を象徴するロックンロール・バンドとして大人
2024/02/14
> MORE

Topics

小学館『サンデー』『ゲッサン』震災受け無料公開 講談社・集英社に続き大手3社が漫画支援
小学館『サンデー』『ゲッサン』震災受け無料公開 講談社・集英社に続き大手3社が漫画支援
小学館は2月15日、1月1日に起きた「令和6年能登半島地震」により、雑誌配送の遅れや、発売できなかった地域が発生したことを受け、『週刊少年サンデー』『週刊少年サンデーS増刊』『ゲッサン』『サンデーGX』の4誌、計7号分を漫画アプリ「サンデーうぇぶり」内で、無料公開することを発表した。期間は2月15日正午から3月14日まで。 なお、講談社の『少年マガジン』、集英社の『少年ジャンプ』も同様の理由で無料公開しており、大手出版3社が漫画で被災者を支援することとなった。 講談社は1月30日に無料公開することを発表し、『週刊少年マガジン』『別冊少年マガジン』の2誌、計5号分を2月29日まで、集英社は2月9日に発表し、『週刊少年ジャンプ』『最強ジャンプ』『ジャンプSQ.』『ジャンプSQ.RISE 2024 WINTER』の4誌、計7号分を無料公開している。各社いずれも閲覧にはアプリのDL(無料)が必要
2024/02/15
【新サービス】ビデオリサーチ、「VOD利用実態レポート」無償提供を開始
新サービス

ビデオリサーチ、「VOD利用実態レポート」無償提供を開始
ビデオリサーチは24年4月より、自宅内でのTVerやYouTubeなど動画配信プラットフォームの利用実態を把握できる「STREAMO(ストリーモ)」β版のデータ提供を開始する。 リリースに先駆け、コネクテッドTV(以下、CTV)やスマートフォン(以下、スマホ)などでのVODの利用実態が分かる「VOD利用実態レポート」の無償提供を開始したことを2月13日に発表した。「VOD利用実態レポート」 コロナ禍以降、動画の視聴環境が変化している中でのCTVの普及や利用状況、動画配信プラットフォームをCTVやスマホでどのように利用しているのかをまとめたもの。24年4月からβ版でのデータ提供を開始する「STREAMO」のデータを主体にまとめており、自宅内のテレビ放送視聴と、CTVとスマートフォンの動画配信プラットフォーム利用を同一パネルから把握できるため、重複やリーチなど、さまざまなデータを見ることができ
2024/02/14
【イベント】札幌ドーム、開業以来初の音楽フェスイベント3月開催
イベント

札幌ドーム、開業以来初の音楽フェスイベント3月開催
札幌ドームは3月30日、開業以来初の音楽フェスイベント『SAPPORO MUSIC EXPERIENCE 2024』(主催・制作・運営:SAPPORO MUSIC EXPERIENCE 2024実行委員会/特別協力:AIR-G‘ FM北海道、FM NORTH WAVE)を開催する。 2月2日にはその第1弾出演アーティストとして、ゴールデンボンバー、Tani Yuuki、Novelbrightの3組の出演が発表された。 今回は、札幌ドームの「新モード」での初の音楽ライブとなる。「新モード」とは、札幌ドームの活用促進を目的としたもので、様々なイベントに対応するため、クローズドアリーナの大空間を大黒幕で仕切ることにより、従来の4万人規模から1.5万人〜2万人規模のイベントに対応することができるというもの。今回のイベントは、アーティストのステージの臨場感・一体感をより楽しめる、この「新モード」で開
2024/02/07
【音楽配信】「YouTube Music」「YouTube Premium」 総ユーザー数1億人突破
音楽配信

「YouTube Music」「YouTube Premium」 総ユーザー数1億人突破
Googleは2月2日、「YouTube Music」と「YouTube Premium」の総ユーザー数が、2024年1月時点でトライアルを含めて1億人を突破したことを発表した。「YouTube Music」は、2015年に定額制の音楽サービスとしてスタート。リブランディングも含め、戦略的にいくつかの方向転換を行い、サービスとプランを拡大し、現在は100以上の国と地域で利用されている。 YouTube音楽部門グローバル責任者のリオ コーエン氏は音楽業界関係者に向け、「音楽業界は重大な岐路に立っています。 私たちは音楽業界の皆様と力を合わせて技術の革新を活用し、アーティストとファンに今までにない価値をもたらすことで、音楽業界に対し、12 か月で60億ドルを創出してきました。そしてその勢いをさらに加速することができると信じています。 AIを活用して創造性を高めたり、アーティストの露出を最大化す
2024/02/02
【オープン】「HMV record shop」開催初出店 3月8日、心斎橋にオープン
オープン

「HMV record shop」開催初出店 3月8日、心斎橋にオープン
ローソンエンタテインメントは3月8日に、HMV record shopの関西初店舗として「HMV record shop 心斎橋」を大阪・心斎橋オーパ8F「HMV&BOOKS SHINSAIBASHI」内にオープンする。 同店舗ではレコードを中心に約5万点の在庫を取り揃え、音楽/レコードファンに向けた商品はもちろん、若年層にも人気の邦楽商品や独自企画盤のレコード、関連グッズなども多く揃え、ユーザーからのレコード買い取りも強化する。 さらに、HMV record shop 心斎橋のオープンを記念し、限定企画盤アナログレコード7タイトルを発売。Creepy Nutsのインディー時代の代表曲「助演男優賞」7インチレコード(3月27日発売)、大塚 愛の『愛 am BEST』LP2枚組をはじめ、和ジャズ5タイトルがラインナップされている。【HMV record shop 心斎橋 概要】■店 名 :H
2024/02/02
【アワード】「全国書店員が選んだおすすめコミック2024」 1位は『ホタルの嫁入り』
アワード

「全国書店員が選んだおすすめコミック2024」 1位は『ホタルの嫁入り』
日本出版販売は2月1日、「全国書店員が選んだおすすめコミック2024」と「出版社コミック担当が選んだおすすめコミック2024」のランキングを発表した。2月2日より全国の書店約1000店でフェアを開始する。「全国書店員が選んだおすすめコミック2024」は、全国の書店員から「たくさんの人にすすめたい漫画」「皆に読んでほしい漫画」をアンケートで募集し、ランキング形式で発表するもの。第19回目となる今回の1位は、『ホタルの嫁入り』(橘オレコ/小学館)となった。左から 『ホタルの嫁入り』(橘オレコ/小学館)/『神田ごくら町職人ばなし』(坂上暁仁/リイド社)「出版社コミック担当が選んだおすすめコミック2024」は、出版社各社のコミック担当者に、「悔しいけど面白い“他社の作品”」をアンケートで募集し、集計したもの。第4回目となる今回の1位には、『神田ごくら町職人ばなし』(坂上暁仁/リイド社)が選出された
2024/02/01
【新レーベル】バンダイナムコミュージックライブ、新レーベル「MoooD Records」始動
新レーベル

バンダイナムコミュージックライブ、新レーベル「MoooD Records」始動
バンダイナムコミュージックライブは2月1日、新レーベル「MoooD Records」(ムードレコーズ)を始動することを発表した。 新レーベル名には、「世界中を音楽“Music”の輪“ooo”で夢”Dream”を現実へと繋いでいきたい」という想いが込められている。 所属アーティストは、音楽活動に加え、俳優、UNHCR(国連難民高等弁務官事務所)親善大使としても活動する“サムライ・ギタリスト”MIYAVIと、TVアニメ『ブルーロック』第2クールのオープニング主題歌「Judgement」で知られるミクスチャーロックバンドASH DA HEROが所属。今後も世界での活躍が期待されるアーティストが加入する予定だ。■MoooD Records Official Site【関連記事】バンダイナムコミュージックライブ、「劇伴」の魅力を伝える『GEKIBAN LIVE PROJECT』始動
2024/02/01
【新刊】小田和正の音楽人生をたどる初の評伝『空と風と時と 小田和正の世界』
新刊

小田和正の音楽人生をたどる初の評伝『空と風と時と 小田和正の世界』
1970年のデビュー以来、伝説の10日間日本武道館公演などで知られるバンド「オフコース」のメンバーとして約20年間活躍し、ソロとなってからも、数多くのヒット曲や心に沁みる楽曲を作り、歌ってきた小田和正。23年11月にはその音楽人生をたどる『空と風と時と 小田和正の世界』(追分日出子著/文藝春秋)が刊行された。デビュー以来、音楽の道を究めて半世紀。ストイックなまでに自分の理想とする音楽を追求してきたアーティストの一大叙事詩といえる記録となっている。『空と風と時と 小田和正の世界』(追分日出子著/文藝春秋) 小田和正は70代になっても、広いアリーナを縦横無尽に駆け抜けながら3時間近くのライブを精力的に展開。昨年8月、史上最年長アリーナツアーの自己記録を更新した。 これまで、彼の人生について、詳細に語られたことはなかったが、同書では、著者である追分日出子が、約20年にもおよぶ年月をかけ、本人イン
2024/01/31
【イベント】『東京演歌ライブ なかの Vol.225 〜新春フレッシュアワー〜』開催
イベント

『東京演歌ライブ なかの Vol.225 〜新春フレッシュアワー〜』開催
1月24日、毎月さまざまなレコード会社に所属している歌手が集合して行なわれる『東京演歌ライブ』が、東京のなかのZERO 大ホールで開催された。 今回で225回目となる同公演は、「〜新春フレッシュアワー〜」と題して、蒼 彦太、パク・ジュニョン、水城なつみ、天野 涼、一条貫太、門松みゆき、青山 新、望月琉叶、木村徹二、高山レイヤら、新春にふさわしいフレッシュなメンバー10人が勢ぞろい。持ち歌のほかに、レコード会社対抗歌い初めデュエット大会と題し、パク・ジュニョンと水城なつみが「愛が生まれた日」、一条貫太と木村徹二が「流氷子守唄」、門松みゆきと望月琉叶が「恋のバカンス」、青山 新と高山レイヤが「そんなヒロシに騙されて」を歌うなど、趣向を凝らした演出で、会場に集まったファン1000名とともに大いに盛り上がった。 終演後のお見送り会では、CD購入者の長蛇の列ができ、若手の勢いを感じるイベントとなった
2024/01/31
【オープン】アナログレコード専門店『TOWER VINYL SHIBUYA』2倍に拡張 2月末タワーレコード渋谷リニューアル
オープン

アナログレコード専門店『TOWER VINYL SHIBUYA』2倍に拡張 2月末タワーレコード渋谷リニューアル
タワーレコードは2月29日(木)、同社旗艦店であり単店としては世界最大の規模を誇るCDショップ「タワーレコード渋谷店」を改装、オープンする。 今回のリニューアルの対象となるフロアは、アナログレコード専門店『TOWER VINYL SHIBUYA(タワーヴァイナル渋谷)』、洋楽(ロック・ポップス・ソウルなど)、クラシックの各ジャンルとなる。中でも現在、世界中でブームとなっているアナログレコードのフロア『TOWER VINYL SHIBUYA』はこれまでの約2倍のフロア面積、在庫も3万枚以上増と強化。また、その他の洋楽、クラシックフロアもラック数、在庫を増強し、アナログレコードのみならず、昨今の外国人観光客の需要に応える。 渋谷店全体では、現在1550坪の売り場面積はそのままで、在庫数がアナログレコード、CD、映像作品をあわせ約5万枚増、渋谷店全体で85万枚の在庫数となる。 また、今回の改装
2024/01/29
【オープン】『SHIBUYA TSUTAYA』4月25日リニューアルオープン 新ロゴも発表
オープン

『SHIBUYA TSUTAYA』4月25日リニューアルオープン 新ロゴも発表
カルチュア・コンビニエンス・クラブは1月24日、『SHIBUYA TSUTAYA』(東京・渋谷)が4月25日にリニューアルオープンすることを発表した。「好きなもので、世界をつくれ。」をテーマとして、アニメや音楽が楽しめる体験機会を重視した造りになっている。 地下2階〜地上1階の3フロアは、「世界中のIPで好きをつくるフロア」と題し、アニメーションや音楽などのエンタテインメントからハイブランドまで、世界中のさまざまなIPとコラボレーションし、期間限定のポップアップストアやイベントを展開する。 地上2〜4階の3フロアは、「インスパイアされるカフェ&ラウンジ」と題し、新たな気づきや発見が得られる環境で、個人が主体的に活動できるような空間を提供。5〜8階の3フロアは、「ここでしか出会えない体験でつながるフロア」と題し、コンテンツのファン同士がつながっていけるラウンジや書店、カフェを展開する。8階は
2024/01/25
【イベント】クイーン公式ポップアップストア 2月期間限定で東京・原宿にて開催
イベント

クイーン公式ポップアップストア 2月期間限定で東京・原宿にて開催
2023年大晦日の『第74回NHK紅白歌合戦』に出場して、代表曲「ドント・ストップ・ミー・ナウ」を熱唱したクイーン+アダム・ランバート。2月には4年ぶりに来日し、2月4日(日)の愛知・バンテリンドーム ナゴヤを皮切りに、大阪公演(2月7日)、札幌公演(2月10日)、そして東京ドームでの二夜連続公演(2月13日、14日)と、日本4都市で計5公演を行い、のべ20万人以上を動員する予定になっている。 その開催に合わせて、2月3日(土)〜18日(日)の期間、東京・原宿のOM169ビルで、クイーンの公式ポップアップストア「QUEEN THE GREATEST POP‐UP STORE」がオープンする。クイーンの公式ポップアップストア外観 21年から22年にかけてロンドン・カーナビーストリートで開催され、日本では22年に東京でオープンして大好評となった、このクイーンのポップアップストア。23年には京都
2024/01/25
【カラオケ】2023年アニメ主題歌カラオケランキング 『【推しの子】』OPテーマ「アイドル」1位、EDテーマ「メフィスト」3位
カラオケ

2023年アニメ主題歌カラオケランキング 『【推しの子】』OPテーマ「アイドル」1位、EDテーマ「メフィスト」3位
第一興商は1月24日、通信カラオケDAMにおける2023年に放送されたアニメ作品を対象とした、テレビアニメ主題歌のカラオケランキング調査を実施し、その結果を発表した。調査期間は23年1月1日〜12月31日。 2023年アニメ主題歌カラオケランキング1位は、実写映像化が発表された『【推しの子】』オープニング(OP)テーマ・YOASOBI「アイドル」。同曲はアニソンという枠を超え、23年に発売された楽曲のなかで最も歌われた曲となった。同アニメのエンディング(ED)テーマである女王蜂「メフィスト」も3位に入っている。 2位は、『呪術廻戦』第2期「懐玉・玉折」のOPテーマ・キタニヤツヤ「青のすみか」、8位には同アニメのEDテーマ・崎山蒼志「燈」がランクイン。同アニメ2クール目「渋谷事変」のOPテーマ・King Gnu「SPECIALZ」は6位となった。 4位は、『「鬼滅の刃」刀鍛冶の里編』OPテー
2024/01/25
【イベント】テレビ朝日開局65周年を記念した音楽フェス『The Performance』4月に3日間開催
イベント

テレビ朝日開局65周年を記念した音楽フェス『The Performance』4月に3日間開催
2月1日に開局 65 周年を迎えるテレビ朝日がは、新たなグローバルミュージックフェスティバル『The Performance(ザ・パフォーマンス)』を4月12日(金)・14日(日)の3日間、神奈川・Kアリーナ横浜で開催する。 開局65 周年を記念する音楽イベントのトップバッターとして、ダンスミュージックをはじめ、様々なカルチャーを取り込み、既成の音楽ジャンルにとらわれない新たな音楽シーンを作り出すという。 第1弾出演アーティストとして、グローバルボーイズグループデビュープロジェクト「BOYS PLANET」に出演した7人で結成された韓国ボーイズグループ・EVNNE、応募者約4万8000人のオーディションを勝ち抜きデビューした男性10人組ダンス&ボーカルグループ・THE JET BOY BANGERZ、数々の賞を受賞し今年で10周年を迎えた5人組グループ・Da-iCE、SEVENTEENの弟
2024/01/25
【音楽配信】AWA、ユーザーが選ぶ「2024年にくるアーティスト」発表
音楽配信

AWA、ユーザーが選ぶ「2024年にくるアーティスト」発表
音楽ストリーミングサービス「AWA」は1月24日、「AWAユーザーが選ぶ!2024年にくるアーティストTOP10」を発表した。 今回選出されたのは、2024年にブレイクしそうなアーティストをテーマに、23年12月16日〜12月31日までにユーザーが作成したプレイリストの採用楽曲を集計・算出したもの。 1位は、2023年4月にリリースされた「ランデヴー」がTikTokを中心にロングヒットを記録し、AWAのプレイリスト採用楽曲ランキングでも23年9月以降、4ヶ月連続でTOP5にランクインしているスリーピースバンド・シャイトープ。2位は、Z世代を中心に支持を集める福岡出身のスリーピースバンド・マルシィ、3位は、大学時代に所属したバンドサークル「東大POMP」のOBで結成された男女6人組バンド・Penthouseとなった。■AWAユーザーが選ぶ!2024年にくるアーティスト【関連記事】【音楽配信
2024/01/24
【音楽配信】LINE MUSIC新企画、次世代アーティストを選出する「NEXT SPIKES」開始
音楽配信

LINE MUSIC新企画、次世代アーティストを選出する「NEXT SPIKES」開始
LINE MUSICは1月23日、同社が運営する音楽ストリーミングサービス「LINE MUSIC」において、 新企画となる次世代のアーティストを選出する「NEXT SPIKES」(ネクストスパイクス)を開始すると発表した。 10〜20代及び、学生団体College Radio Japan(CRJ)によるアンケート調査も実施し、第1弾として、梓川、ガラクタ、むト、紫 今、Lavtの5組が選出された。今後は、プレイリストや新曲紹介など、選出アーティストの魅力を発信する企画を予定している。「NEXT SPIKES」Vol.1 選出アーティスト■梓川(あずさがわ) 存在感と艶のある声色で、あらゆるジャンルの楽曲を歌いこなし、多くのリスナーの心を捉えている。2020年より音楽活動を開始、カバー動画やボカロPの楽曲にボーカルで参加するなどのコラボをきっかけに注目を集め、確実に存在感を増し続けているシン
2024/01/23
【新プロジェクト】バンダイナムコミュージックライブ、「劇伴」の魅力を伝える『GEKIBAN LIVE PROJECT』始動
新プロジェクト

バンダイナムコミュージックライブ、「劇伴」の魅力を伝える『GEKIBAN LIVE PROJECT』始動
バンダイナムコミュージックライブは1月22日、「劇伴」の魅力を伝える新プロジェクト『GEKIBAN LIVE PROJECT(読み:ゲキバン ライブ プロジェクト)』の始動を発表した。 同社はこれまで、楽団の演奏に映像や舞台演出を取り入れた劇伴コンサートの制作・運営に携わってきたノウハウを活かし、作品の世界観や登場人物の感情などを演出し、作品内で流れる「劇伴」(映画やアニメなどの作品に合わせて流される音楽、BGM)の魅力をより深く体感できる機会を提供するため同プロジェクトを立ち上げた。 演奏は、アニメーション作品やコンテンツの世界観に応じて、フルオーケストラの形式にこだわらず、弦楽カルテットやバンド編成などさまざまな形式で実施していく。また、演奏のみならず、作品の映像やアーティスト歌唱など、より楽しめるような企画も取り入れながら、作品の魅力を最大限に表現できるコンサートを目指す。 なお、5
2024/01/23
【イベント】都市型ダンスミュージックフェス『ULTRA JAPAN 2024』 新たにU-23チケット発売
イベント

都市型ダンスミュージックフェス『ULTRA JAPAN 2024』 新たにU-23チケット発売
ULTRA JAPAN 2024実行委員会は1月18日、2024年9月14日(土)・15 日(日)の2日間、TOKYO ODAIBA ULTRA PARK(お台場 ULTRA JAPAN特設会場 / 江東区・海)で開催される『ULTRA JAPAN 2024』のオフィシャル先着先行第1弾チケットの販売をスタート。 同フェスでは今年度より「U-23 チケット」(23歳未満限定) を新設した。 「ULTRA JAPAN」は、99年より米・マイアミで行われている世界最大級の都市型ダンスミュージックフェス『ULTRA MUSIC FESTIVAL』(UMF)の日本版。ダンスミュージックフェスブームの火付け役となったUMF は、全世界27の国と地域で開催されている。 日本では14年に初開催され、過去8回で累計64万人以上を動員。世界中からトップDJたちが集結し、高い音楽性や迫力のステージ、来場者のフ
2024/01/19
【アワード】「第170回」芥川賞・直木賞発表 万城目学、ノミネート6回目での直木賞受賞
アワード

「第170回」芥川賞・直木賞発表 万城目学、ノミネート6回目での直木賞受賞
「第170回芥川龍之介賞・直木三十五賞」(日本文学振興会)の選考会が1月17日、都内で行われ、芥川賞に九段理江氏の『東京都同情塔』(『新潮』12月号掲載)、直木賞に河ア秋子氏の『ともぐい』(新潮社)と万城目学氏の『八月の御所グラウンド』(文藝春秋)に決まった。贈呈式は2月下旬に都内で開かれ、受賞者には正賞の時計と副賞100万円が贈られる。作品概要と著者略歴【芥川龍之介賞】■九段理江『東京都同情塔』(『新潮』12月号掲載)『東京都同情塔』九段理江(新潮社)<作品概要>ザハの国立競技場が完成し、寛容論が浸透したもう1つの日本で、新しい刑務所「シンパシータワートーキョー」が建てられることに。犯罪者に寛容になれない建築家・牧名は、仕事と信条の乖離に苦悩しながら、パワフルに未来を追求する。ゆるふわな言葉と実のない正義の関係を豊かなフロウで暴く、生成AI時代の預言の書。九段理江氏 (C)新潮社<著者略
2024/01/18
【音楽配信】TuneCore Japan、「TikTok Music」「Resso」へ楽曲提供開始
音楽配信

TuneCore Japan、「TikTok Music」「Resso」へ楽曲提供開始
TuneCore Japanは1月16日、ByteDance社が運営する音楽ストリーミングサービス「TikTok Music」と「Resso」へ楽曲の提供を開始することを発表した。 「TikTok Music」は、TikTokと親和性の高いソーシャル音楽ストリーミングサービスで、インドネシア、ブラジル、オーストラリア、メキシコ、シンガポールでサービスを展開。「Resso」はインドで展開されており、TikTokのフォロワー・フォロー、お気に入り、行動データなどをもとに楽曲のレコメンド体験が提供されるなど、TikTokとの連携機能が豊富なサービスとなっている。 「TikTok Music」および「Resso」の日本国内での展開は未定だが、配信先に日本を指定しておけば、サービス提供が開始された際は自動的に配信される予定だ。■チューンコアジャパン ニュース【関連記事】TuneCore Japan
2024/01/17
> MORE