Member's Login

会員ログインはこちら閲覧には会員登録が必要です
音楽
映像ソフト
書籍
商品・データ・サービス等
お問い合わせ
サービスのご案内

Ranking Topics

【DVD・BD】SixTONESの初ライブ映像作品が3部門同時1位
DVD・BD

SixTONESの初ライブ映像作品が3部門同時1位
SixTONES『TrackONE -IMPACT-』 10月26日付(集計期間:10/12〜10/18)【DVD・BD】では、SixTONESの初ライブ映像作品『TrackONE -IMPACT-』が、初週売上DVD:10.3万枚、BD:15.2万枚で、ともに初登場1位を獲得。音楽作品のDVDとBDを合計した【ミュージックDVD・BD】でも、合計売上25.5万枚で初登場1位を獲得し、3部門同時1位となった。 1st音楽映像作品での3部門同時1位獲得は、2018/10/8付の欅坂46、2018/12/24付のKing & Princeに続き、史上3組目の達成となった。 そして、1st音楽映像作品のミュージックDVD・BD初週売上25.5万枚は、King & Prince『King & Prince First Concert Tour 2018』(2018年12月発売)の23.3万
2020/10/21
【YouTubeチャート】LiSA「炎」、ReoNa「ANIMA」 アニメ主題歌急上昇
YouTubeチャート

LiSA「炎」、ReoNa「ANIMA」 アニメ主題歌急上昇
 今週(10/9〜10/15)のYouTubeチャート1位は、前週2位から返り咲いた2人組の音楽ユニット・YOASOBIの「夜に駆ける」(視聴回数:831.5万回)。3月後半より29週連続でTOP100内にランクインし続けており、1位獲得週数を14週に伸ばした。2位は前週1位の韓国7人組ボーイズグループBTS「Dynamite」(同813.9万回)。 今回、際立ったチャートアクションを見せたのは、女性シンガー・LiSAの新作「炎」(ホムラ)。視聴回数377.4万回で初登場作としては最も高い位置となる6位をマークした。同作は、10月16日より全国公開された吾峠呼世晴の大ヒット漫画『鬼滅の刃』の劇場版アニメの主題歌で、映画は公開から3日で46億円を突破する大ヒットスタートを切っている。10月14日に同時発売したCDシングル「炎」とアルバム『LEO-NiNE』は、10月20日発表の最新「
2020/10/20
【ストリーミング】『鬼滅の刃』劇場版アニメ主題歌、LiSA「炎」が今年2作目の初登場1位
ストリーミング

『鬼滅の刃』劇場版アニメ主題歌、LiSA「炎」が今年2作目の初登場1位
 10/26付(集計対象期間:10/12〜10/18)週間ストリーミングランキングTOP100動向。TOP100の総再生数は1億7273.7万回(前週比5.0%増)となり、4週ぶりに上向くと同時に、9/28付(集計対象期間:10/12〜10/18)の1億7212.6万回を上回り、今年最高の実績となった。 ストリーミングTOP100内のアーティスト別ランクイン楽曲数では、9作:Official髭男dismとBTS、6作:米津玄師、back number、5作:YOASOBI 、4作:BLACKPINK、あいみょん、Mrs. GREEN APPLE、TWICE と続く。back numberは新作「エメラルド」(初登場23位/再生数:201.3万回)効果で、前週4作から今週6作とTOP100内ランクイン数を伸ばした。LiSAの新作「炎」、今年2作目の初登場1位 今週最も注目を集めたのは
2020/10/20
【デジタル・合算】LiSA、1位獲得数記録で史上最多7冠
デジタル・合算

LiSA、1位獲得数記録で史上最多7冠
 10月26日付(集計期間:10/12〜10/18)【デジタル】では、LiSA「炎」がDL数14.1万DL(141,077DL)で【デジタルシングル】1位、【ストリーミング】では、再生数867.9万回(8,678,605回)で1位。アルバム『LEO-NiNE』が、週間DL数0.7万DL(6,856DL)で【デジタルアルバム】初登場1位となり、【デジタル3冠】を記録した。 これにより、CDの売上枚数・デジタルダウンロードのDL数・ストリーミングの再生数を合計した【合算シングル】、【合算アルバム】でも週間16.1万PT(160,586PT)、週間7.4万PT(74,057PT)で同時1位となり、「オリコン週間音楽ランキング1位獲得数 史上最多7冠」の快挙を達成した。 【※週間合算シングル1位ポイント内訳:16.1万PT(0,586PT)の内訳】 CDシングル:6.8万PT(67,53
2020/10/20
【シングル・アルバム】LiSA、令和初の同時1位獲得
シングル・アルバム

LiSA、令和初の同時1位獲得
LiSAシングル「炎」 10月26日付(集計期間:10/12〜10/18)【シングル】では、LiSAの最新シングル「炎」(ヨミ:ホムラ)が、初週売上6.8万枚で1位初登場。 そして同日付【アルバム】では、最新アルバム『LEO-NiNE』が、6.6万枚で1位初登場となり、これで令和初となる【シングル】【アルバム】同時1位を獲得した。LiSAアルバム『LEO-NiNE』 これは、2013/4/8付でKis-My-Ft2が、シングル「キ・ス・ウ・マ・イ 〜KISS YOUR MIND〜/S.O.S(Smile On Smile)」、アルバム『Goodいくぜ!』で獲得して以来7年7ヵ月ぶり。女性アーティスト作品としては歴代10組目となり、2004/5/10付で宇多田ヒカルが、シングル「誰かの願いが叶うころ」、アルバム『Utada Hikaru SINGLE COLLECTION VOL.
2020/10/19
【BOOK】嵐・大野智の第3弾作品集で自身初のBOOK1位
BOOK

嵐・大野智の第3弾作品集で自身初のBOOK1位
 10月19日付(集計期間10/5〜10/11)【BOOK】では、嵐・大野智の『『FREESTYLE 2020 SATOSHI OHNO EXHIBITION』 大野智 作品集』が、週間売上4.0万部で週間BOOKランキング自身初の1位を獲得した。 9月9日(水)から11月8日(日)まで、六本木ヒルズ・東京シティビューで開催されている、嵐・大野智展覧会『FREESTYLE 2020 大野智 作品展』の開催を記念し制作された作品集。 最新シングル「カイト」のジャケットのために描き下ろした絵画や、細密画、抽象画など、約20点に及ぶ新作絵画をはじめ、大野作品を代表する過去のアート作品、創作に臨むメイキングカット、制作過程の心境をリアルに語ったロングインタビューが掲載されている。 7位には、三浦春馬さん著書『日本製』のフォトブック付特装版『日本製+Documentary PHOTO BOO
2020/10/15
> MORE

Special

【特集】コロナ禍に立ち上がる本気の定額制有料ショート動画事業の勝算
特集

コロナ禍に立ち上がる本気の定額制有料ショート動画事業の勝算
 コロナ禍でメディア環境が激変している。SNSの視聴量が増え、動画配信プラットフォームの利用率が大きく伸びるなか、海外ではショート動画に特化した新サービスも生まれている。そして、日本でも本格的なショート動画サブスクリプションサービスが立ち上がる。SHOWROOMが提供するその新ショート動画アプリ「smash.」では、音楽プロデューサーの秋元康氏やジャニーズ事務所らが協力するショート動画が展開される。国内外でみられるこの動きは果たして、スマホ向け動画配信のメジャー化を象徴するものになるのか。売りは有料会員向け“ハイスペック”なスマホ向けショート動画 視聴者が配信者にギフトを送る仕組み(ギフティング)を確立させたライブ配信プラットフォーム運営会社のSHOWROOMが、10月22日から提供開始する動画アプリ「smash.」では、スマートフォンでの視聴に最適な縦型で、かつ5〜10分程度のシ
2020/10/16
【追悼特集】永遠のベストセラー作家 筒美京平さんの言葉
追悼特集

永遠のベストセラー作家 筒美京平さんの言葉
 日本屈指のJ-POPマエストロ、そして史上最高のヒットメーカーである作曲家の筒美京平(本名:渡邊榮吉)さんが10月7日に逝去されました。80歳でした。 1940年5月28日、東京生まれ。幼少より海外のポピュラー音楽に親しみ、クラシックピアノを習っていた筒美さんは、クラシックの道を目指していました。ところが、青山学院大学入学後に軽音楽部に入り、ジャズに目覚めます。1年上の先輩で、作詞家の橋本淳さんも在籍していました。卒業後の1963年に日本グラモフォン・レコード(後のポリドール、現ユニバーサルミュージック)に入社。洋楽部ディレクターとして4年勤務した後、プロの作曲家に転身。1966年に「黄色いレモン」で作曲家デビュー。このディレクターとしての経験が、自身の楽曲を客観視できる感覚を養ったと、後のインタビューで語っています。 歴代作曲家シングル総売上TOP5 歴代編曲家シングル総売
2020/10/13
【マーケット動向】9月度の音楽ソフト市場 アルバムは2桁増、シングルは前年実績の半分以下と低調
マーケット動向

9月度の音楽ソフト市場 アルバムは2桁増、シングルは前年実績の半分以下と低調
 9月度(対象期間:2020年8/31〜9/27)の音楽ソフト(オーディオ+音楽ビデオ)の総売上額は189.3億円となり、前年同期と比較すると6.5%の減少となった。アルバムは好調だったものの、シングルの売上が大幅にダウン、音楽ビデオも低調だった。今年、前年実績を上回った月は1月と8月のみとなっている。 盤種ごとに内訳を見ていくと、シングルは25.2億円(前年比65.3%減)と低い実績となった。8月度は10万枚以上を売り上げた作品が7作だったが、9月度は、Kis-My-Ft2「ENDLESS SUMMER」(19.1万枚)、STU48「思い出せる恋をしよう」(17.7万枚)、V6「It's my life/PINEAPPLE」(10.6万枚)の3作と、前月の半分以下に減少した。 アルバムは115.0億円(前年比32.9%増)となり、8月度に続き2ヶ月連続で前年実績を上回った。貢献作
2020/10/12
> MORE

Topics

【団体】JASRAC、2020年上半期の徴収額は前年同期比2.9%減
団体

JASRAC、2020年上半期の徴収額は前年同期比2.9%減
 日本音楽著作権協会(JASRAC)は10月20日、2020年度上半期(2020年4月1日〜9月30日まで)の徴収実績・分配実績を発表した。 20年上半期の徴収額は514.2億円(前年同期比2.9%減)となった。第1四半期は前年同期比でプラスとなったが、第2四半期は19年度同期比で23億7000万円の減となった。分配額は605.4億円(前年同期比9.6%増)となり、第1四半期は前年同期比で2桁台のプラス、第2四半期も微増となった。徴収額 20年上半期の徴収額は514.2億円(前年同期比2.9%減)となった。新型コロナウイルス感染症拡大の影響によりイベントの中止・延期をはじめとする音楽の利用機会の減少が続いたことから、インタラクティブ配信等を除くほぼ全ての分野において19年度同期の実績額を大幅に下回り、上半期としても15億5000万円の減となった。 新型コロナウイルス感染症は依然とし
2020/10/20
【団体】レコ協、20年9月度ダウンロード認定を発表
団体

レコ協、20年9月度ダウンロード認定を発表
 日本レコード協会は10月20日、2020年9月度ダウンロード認定作品を発表した。 当月は、シングルトラックで、ミリオンに、Official髭男dism「Pretender」、福山雅治「家族になろうよ」、プラチナに、YOASOBI「夜に駆ける」、ゴールドに、Official髭男dism「Laughter」「HELLO」他6作品、洋楽ではプラチナに、カーペンターズ「トップ・オブ・ザ・ワールド」が認定されている。
2020/10/20
【番組】フジパシ朝妻一郎会長のスペシャル番組がYouTubeで配信開始
番組

フジパシ朝妻一郎会長のスペシャル番組がYouTubeで配信開始
 フジパシフィックミュージックの代表取締役会長・朝妻一郎氏(一般社団法人日本音楽出版社協会 顧問)による動画番組『朝妻一郎 たかなる心の歌』が、10月16日よりフジパシフィックミュージック公式YouTubeにて公開になった。 朝妻氏が音楽と共に歩んだ人生を振り返り、時代を彩った名曲や思い出深い人達のエピソードを伝えるという内容で、毎週金曜13時に配信される。各エピソードには音楽制作や音楽著作権等、朝妻一郎ならではの興味深い話が織り交ぜられるという。 第1弾は洋楽編で、初回のポール・アンカ「ダイアナ」から始まり、カーペンターズ「クロース・トゥ・ユー」、ジョン・レノン「スターティング・オーヴァー」、キャロル・キング「つづれおり」と、さらに名曲について語り下ろしていく。 ちなみに番組タイトルの「たかなる心の歌」は、1958年にポール・アンカが英語詞でカバーして大ヒットした楽曲名からとられ
2020/10/19
【改正著作権法】レコード協会、違法音楽アプリ根絶に向けた啓発アニメを公開
改正著作権法

レコード協会、違法音楽アプリ根絶に向けた啓発アニメを公開
 日本レコード協会は、違法音楽アプリの規制強化を目的とする改正著作権法が10 月1 日から施行されたことに伴い、違法音楽アプリに関する注意喚起を呼びかける啓発アニメを制作し、本日10月19日より公開した。 今回の啓発アニメでは、舞台・ミュージカルでも活躍する女優・歌手の田村芽実をゲスト声優に迎え、違法音楽アプリの問題点や法改正のポイントを分かりやすくまとめた内容になっており、違法音楽アプリの利用が広がる若年層に向けて、アーティストが望む健全な環境で音楽を楽しんでもらうことを広く呼びかけている。特設サイト「あの音楽アプリは、もう違法。」内ではアフレコ収録の様子も併せて紹介されている。<田村芽実コメント>「著作権啓発アニメーションの制作に参加させて頂き、私自身ハッとさせられ、また、勉強させて頂きました。音楽は形ないものであるが故に、軽い気持ちで、リーチサイトやリーチアプリでダウンロード
2020/10/19
【団体】日本レコード協会、「Music Cross Aid」へ寄付
団体

日本レコード協会、「Music Cross Aid」へ寄付
 日本レコード協会は、ライブエンタメ従事者支援基金「Music Cross Aid」の趣旨に賛同し、100 万円の寄付を行ったと発表した。 同基金は、2020年6月、一般社団法人日本音楽事業者協会、一般社団法人日本音楽制作者連盟、一般社団法人コンサートプロモーターズ協会の音楽業界3団体が、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、活動の継続が困難を極めている日本のライブエンタテインメント産業の現在と、その未来を支援する基金として創設されたもの。ライブエンタメ従事者支援基金「Music Cross Aid」【関連記事】ライブエンタメ従事者支援「Music Cross Aid」第2回助成プログラム受付中
2020/10/16
【新サービス】アーティストのオリジナルメッセージが楽しめる「コエ付きプリント」提供開始 
新サービス

アーティストのオリジナルメッセージが楽しめる「コエ付きプリント」提供開始 
 エイベックス・マネジメント所属のDJ KOO(TRF)と女性10人組のアイドルグループ「SUPER☆GiRLS」が、シャープマーケティングジャパンから10月15日に提供開始された「コエ付きプリント」サービスの第1弾にラインナップされた。 スマートフォンでQRコードを読み取ると、合成音声によるアーティストのオリジナルメッセージが楽しめるサービスで、コロナ禍で活動を制限されているアーティストたちのブロマイドを購入することで、その活動を応援する企画として開発された。販売価格はL判1枚500円。 提供されるボイスメッセージ読み上げ機能には、エイベックスの子会社で音声合成サービスを提供するコエステ社の「コエステーション」が使われており、購入者が設定した自分の名前などの“呼び名”を入力すれば、「〇〇さん、応援ありがとう!おはようございます」など、アーティストが自分に語り掛けてきたかのようなメ
2020/10/16
【新サービス】ぴあ、スポーツ経営人材育成のための「ぴあスポーツビジネスプログラム」21年4月開講
新サービス

ぴあ、スポーツ経営人材育成のための「ぴあスポーツビジネスプログラム」21年4月開講
 多くのスポーツ団体とともにチケッティング・ファンクラブ運営等を通して、長らく日本のスポーツビジネス界を支えてきたぴあが、「スポーツ経営における人材育成」に乗り出す。これまでのスポーツ界との関りの中で、日本のプロスポーツ産業に必要な人材育成の重要性を痛感してきたことがその理由として挙げている。 2021年4月に開講する「ぴあスポーツビジネスプログラム」を通して、経営視点はもちろんのこと、現場運用にかかわる知識を持ち、スポーツだけにとらわれないアイデア・イノベーションを兼ね備えた若い世代を育て、日本の未来のスポーツビジネスの下支え、レベルアップを図る事で、スポーツ団体のサポートを目指していく。 11月中旬よりぴあスポーツビジネスプログラムの公式サイトで正式な募集要項を公開。12月上旬に募集開始の予定となっている。■「ぴあスポーツビジネスプログラム」特徴「ぴあスポーツビジネスプログラム
2020/10/16
【団体】Twitterを利用した海賊版販売者を鹿児島県警が書類送検
団体

Twitterを利用した海賊版販売者を鹿児島県警が書類送検
 鹿児島県警は10月15日、WOWOW、テレ朝チャンネル1で放送された音楽番組などを、違法に収録したブルーレイディスクがTwitterで販売されていた事件で、福岡県北九州市の女性(45歳)を著作権法違反の疑い(海賊版の頒布)で鹿児島地方検察庁に書類送検した。 日本音楽著作権協会(JASRAC)は、これらの海賊版にJASRACが管理する楽曲が多数含まれていたことから、2020年9月29日にこの女性を告訴していた。JASRACがTwitterを利用した海賊版販売者に対して告訴したのは3件目となる。 この女性は、2018年頃からこれまでの間、Twitterで「ダビングのご希望はお気軽にDM(ダイレクトメッセージ)で」などの呼びかけと、番組名、出演者名のハッシュタグを入れたツイートを約500回行い、音楽番組など約500番組を販売する告知を行っていた。購入希望者とはTwitterのDM上で
2020/10/15
【音楽】違法アップローダーの発信者情報を開示する判決下る
音楽

違法アップローダーの発信者情報を開示する判決下る
 福岡地方裁判所は、インターネットサービスプロバイダ「QTnet」に対し、ファイル共有ソフト「BitTorrent」を利用してインターネット上に大量の音楽ファイル(以下、「音源」という)を継続して違法にアップロードしていたIP アドレスの利用者の氏名、住所等(以下、「発信者情報」という)を、音源の権利を有する日本レコード協会会員レコード会社に開示するように命じる判決を下した(10 月13 日判決確定)。 この件は同協会会員レコード会社がインターネットサービスプロバイダ17社を対象に、自らが権利を有する音源をファイル共有ソフト「BitTorrent」を利用して、許諾なくアップロード(公開)している者に対し、著作隣接権(送信可能化権)侵害に係る損害賠償請求等を行うため、「プロバイダ責任制限法」第4 条1 項に基づき、45 のIPアドレスを利用してインターネットへ接続していた者の氏名、住
2020/10/14
【ライブ配信】東京国際ミュージック・マーケット 出演アーティスト決定
ライブ配信

東京国際ミュージック・マーケット 出演アーティスト決定
 第17回 東京国際ミュージック・マーケット(17th TIMM)/TIMM ONLINEのショーケースライブ出演アーティスト15組が発表された。 TIMMショーケースライブは、海外展開を視野に入れたアーティストの生のパフォーマンスを、海外バイヤー等、音楽業界関係者に披露する場として毎回好評だが、今年は世界各国の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の状況を鑑み、初のオンライン開催となる「TIMM ONLINE」として、ショーケースライブを全世界に無料配信する。 これにより、「TIMM ONLINE」に参加する音楽業界関係者はもちろん、全世界の音楽ファンがショーケースライブを楽しむことができる。【第17回東京国際ミュージック・マーケット(17th TIMM)/TIMM ONLINE概要】■日程:2020年 11月4日(水)〜6日(金)■内容:TIMM公式サイト内に、出展者ペー
2020/10/14
【訃報】日本屈指のJ-POPマエストロ、作曲家・筒美京平さん逝去
訃報

日本屈指のJ-POPマエストロ、作曲家・筒美京平さん逝去
 日本屈指のJ-POPマエストロ、そして史上最高のヒットメーカーである作曲家の筒美京平(本名:渡邊榮吉)さんが今月7日、誤嚥(ごえん)性肺炎のため自宅で亡くなったことが12日、分かった。80歳。 【写真】作曲家・筒美京平さん死去 80歳 「また逢う日まで」「サザエさん」などヒット曲多数 日本レコード大賞を受賞した尾崎紀世彦さんの「また逢う日まで」(1971)をはじめ、多数のヒット曲を世に送り出してきた。 故人の遺志により、葬儀は近親者のみにて執り行われた。新型コロナウイルス感染状況を鑑みて、「お別れの会」なども実施されない。【追悼特集】永遠のベストセラー作家 筒美京平さんの言葉 筒美さんは1940年5月28日、東京生まれ。幼少より、海外のポピュラー音楽に親しみ、クラシックピアノを習う。青山学院大学入学後にジャズに目覚め、卒業後の1963年に日本グラモフォン・レコード(後のポリドール
2020/10/12
【新サービス】バンダイナムコアーツ、ルート案内アプリリリース
新サービス

バンダイナムコアーツ、ルート案内アプリリリース
 バンダイナムコアーツのグループ会社のバンダイナムコライブクリエイティブは、ライブエンターテインメントの再開に向けた新型コロナウィルスによる感染拡大の防止策の一環として、会場周辺の駅と会場間の往復ルート上で密をつくらず、より安心・安全に来場・帰宅するためのルート案内アプリ「Follow Me!」をリリースした。 サービス概要 同アプリは、各種公演のチケット購入者を対象に、公演当日の会場周辺の駅と会場間のルートおよびルートの通行時間を指定して、密をつくらずに会場および会場周辺の駅まで誘導するアプリ。 同アプリを採用する公演のチケットを購入後、購入先のプレイガイドから、アプリへログインするためのシリアル番号が発行され、そのシリアル番号をアプリに入力してログインすると、参加者ごとに会場周辺の駅と会場間のルートおよびルートの通行時間が指定される。※購入したチケット1枚に対してシリアル番号は
2020/10/12
【団体】ライブエンタメ従事者支援「Music Cross Aid」第2回助成プログラム受付中
団体

ライブエンタメ従事者支援「Music Cross Aid」第2回助成プログラム受付中
 一般社団法人日本音楽事業者協会、一般社団法人日本音楽制作者連盟、一般社団法人コンサートプロモーターズ協会の音楽業界3団体は、今年6月11日に創設した基金「Music Cross Aid」の第2回助成プログラムの公募を開始した。公募期間は10月20日(火)17:00まで。「Music Cross Aid」は、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、活動の継続が困難を極めている日本のライブエンタテインメント産業を担う事業者・スタッフの現在と、その未来を支援する基金。多くの音楽ファンやアーティスト、音楽関連企業からの支援により、これまでに8千万円以上の寄付金が集まっている。 7月に公募した第1回助成プログラムでは個人・法人を合わせて総額1800万円あまりを支援した。【第2回 支援対象の助成金と採択予定件数】 個人:20万円まで(収入の減少分上限) 100人程度 法人:100万円まで(収入
2020/10/09
【団体】レコ協、20年9月度ゴールドディスク認定作品
団体

レコ協、20年9月度ゴールドディスク認定作品
 日本レコード協会は、10月9日、2020年9月度ゴールドディスク認定作品を発表した。 当月は、邦楽シングルでミリオンに、嵐「カイト」、ダブル・プラチナに、Twenty★Twenty「smile」、プラチナに2作品、ゴールドに4作品が認定され、邦楽アルバムではダブル・プラチナに、Official髭男dism『Traveler』、King & Prince『L&』、プラチナに2作品が認定されている。 また洋楽アルバムでは、SEVENTEEN『24H』が認定され、ビデオでは、嵐『ARASHI Anniversary Tour 5×20』が、トリプル・プラチナに認定され、ゴールドに2作品が認定されている。
2020/10/09
【ライブ配信】嵐、「アラフェス2020 at 国立競技場」11月3日開催
ライブ配信

嵐、「アラフェス2020 at 国立競技場」11月3日開催
 今年年末で活動休止を発表している嵐が、2020年5月に開催を予定していた、嵐の「アラフェス2020 at 国立競技場」を、嵐のデビュー記念日である、2020年11月3日(火・祝)に、Johnny’s netオンラインにて配信ライブとして開催すると、イベント公式サイトで発表した。 嵐のファンクラブ会員は、当日12時からのスペシャルコンテンツや、2部構成で行われる「PART1」のライブ配信も視聴することができる。午後7時半からの「PART2」のライブ配信は、ファンクラブ会員以外の一般視聴者も参加することが出来るコンテンツとなっており、イベントサイトのメンバーからの動画メッセージの中で、「『PART1』と『PART2』別々のセットリストを作っているので、両方とも楽しんでいただけると思いますし、片方だけでも楽しめるように構成していますので期待していてください。」と呼びかけている。 尚、本
2020/10/09
【ライブ配信】ZAIKO、イベント初期費用の事前支援プロジェクト開始
ライブ配信

ZAIKO、イベント初期費用の事前支援プロジェクト開始
 電子チケット販売プラットフォーム「ZAIKO」を提供するZAIKOは、コロナ禍の中で、デジタルイベントの実施を検討しているアーティストや事業者をサポートするために、イベント実施の初期費用を“リスクなし”でZAIKOが一部負担をする新たな支援プロジェクト「ZAIKO Seed」(https://zaiko.io/seed)の提供を開始すると発表した。「ZAIKO Seed」は、ZAIKOが配信予定のイベントチケットの一定枚数を事前に一括購入し、購入代金をイベント開催前に主催者に支払う新たなサービス(総額約5,000万円、1案件につきおよそ50〜150万円程度のチケット購入代金を想定)。主催者は、その資金をライブ実施にかかる初期費用に充てることで、負担を抑えることができ、今まで以上にライブ配信によるイベント開催がしやすくなる。【ZAIKO Seed プロジェクト概要】■「ZAIKO
2020/10/09
【ライブ配信】渋谷から注目アーティストのライブを無観客・無料生配信
ライブ配信

渋谷から注目アーティストのライブを無観客・無料生配信
 タワーレコードとエッグスは、2020年10月17日(土)、18日(日)に開催される「第15回渋谷音楽祭」への参加を決定したと発表した。 今年で15年目を迎える「渋谷音楽祭」は、渋谷の街に根付いた歴史ある音楽イベントとして、渋谷の街をステージに、ロック、ポップス、クラシックなどさまざまなジャンルの音楽が奏でられてきた。 渋谷の街も音楽・エンターテイメント業界も新型コロナウイルスにより大きな影響を受けている本年、オンラインイベント開催での継続を決定した「渋谷音楽祭」を盛り上げるべく、渋谷に縁の深いタワーレコードとエッグスはレコチョク協賛のもと、「Eggsレコメン」「タワレコメン」のオンラインライブを開催する。「Eggsレコメン」とは、タワーレコードスタッフが「Eggs」「TOWER CLOUD」に登録する2万組以上のインディーズアーティストの楽曲を試聴し、アーティストを発掘する企画。
2020/10/07
【音楽】ポニーキャニオン、新プレイリストシリーズ『おとラボ』でカタログ活性化
音楽

ポニーキャニオン、新プレイリストシリーズ『おとラボ』でカタログ活性化
 ポニーキャニオンは、カタログ活性化プロジェクトとして、歌謡曲、ロック、アニソンなど、様々なジャンルから厳選した楽曲を、ストリーミングサービスのプレイリストで公開していく『おとラボ』シリーズを発表した。 スマートフォンの普及とともに、世界的にストリーミングサービスで音楽を楽しむ人達が急増しており、音楽を所有する時代から、数千万曲にも及ぶライブラリーから、好きな時に、好きな楽曲を楽しむ時代に進化している。また、YouTubeやTikTokといった動画サービス、TwitterやinstagramなどのSNSを通じて、新しいタイプのヒット曲が、誕生し始めている。 ストリーミング時代のレコード会社は、ニューカマーアーティスト育成や、新たなヒット曲作りと共に、膨大なカタログアーカイブスに再注目するチャンスを得たといえる。 今回、同社が所有するカタログアーカイブス、とりわけ1970年代〜19
2020/10/01
【団体】日本レコード協会、7月豪雨による災害のお見舞金を寄付
団体

日本レコード協会、7月豪雨による災害のお見舞金を寄付
 日本レコード協会は、2020年7月豪雨により甚大な被害を受けた地域の人々へのお見舞い、支援として、自治体指定窓口を通じて義援金として100万円を寄付したと発表した。 ●対象地域:熊本県 ●義援金額:100万円 ●支 払 先 :熊本県南豪雨義援金
2020/10/01
【団体】レコ協、20年8月度ストリーミング認定を発表
団体

レコ協、20年8月度ストリーミング認定を発表
 日本レコード協会は9月30日、2020年8月度ストリーミング認定作品を発表した。 当月は、邦楽でプラチナに、瑛人「香水」、ゴールドに、あいみょん「裸の心」、King Gnu「どろん」他6作品、シルバーに、家入レオ「未完成」、クリス・ハート「I Love You」他11作品が認定されている。
2020/10/01
> MORE