Member's Login

会員ログインはこちら閲覧には会員登録が必要です
音楽
映像ソフト
書籍
商品・データ・サービス等
お問い合わせ
サービスのご案内

Ranking Topics

【BOOK】2022年大河ドラマ『鎌倉殿の13人』ガイドブックが1位
BOOK

2022年大河ドラマ『鎌倉殿の13人』ガイドブックが1位
 1月24日付(集計期間:22/1/10〜1/16)【BOOK】では、2022年大河ドラマ『鎌倉殿の13人』ガイドブックが、週間売上2.2万部(22,183部)で1位を獲得した。 本作は、現在放送中の大河ドラマ『鎌倉殿の13人』を、とことん楽しめむためのガイドブックの第1弾。前編では、主演・小栗旬と大泉洋の「北条義時・源頼朝」対談からスタートし、三谷幸喜インタビュー、あらすじ、撮影ロケ日記、登場人物関係図など、充実の内容となっている。 同日付【コミック】では、芥見下々の『呪術廻戦 18』が4週連続1位を獲得している。
2022/01/20
【DVD・BD】King & Prince、【DVD】【BD】【ミュージックDVD・BD】3部門同時1位
DVD・BD

King & Prince、【DVD】【BD】【ミュージックDVD・BD】3部門同時1位
King & Prince『King & Prince CONCERT TOUR 2021 〜Re:Sense〜』 1月24日付(集計期間:22/1/10〜1/16)【DVD・BD】では、King & Princeの最新音楽映像作品『King & Prince CONCERT TOUR 2021 〜Re:Sense〜』(読み:リセンス)が、初週売上【DVD】12.9万枚(129,085枚)、【BD】17.8万枚(178,227枚)でともに初登場1位を記録。音楽作品のDVDとBDを合計した【ミュージックDVD・BD】でも、合計売上:30.7万枚(307,312枚)で初登場1位となり、前作の『King & Prince CONCERT TOUR 2020 〜L&〜』(2021年2月発売)の29.0万枚を上回る30万枚超えを達成し、映像3部門で同時1位を獲得した。 なお、「ミュージックD
2022/01/19
【YouTubeチャート】King Gnu「逆夢」で自身2作目の首位獲得
YouTubeチャート

King Gnu「逆夢」で自身2作目の首位獲得
 今週(2022.1/7〜1/13)YouTubeチャートTOP100の週間総視聴回数は、先週比で8.2%増となった。TOP100内の初登場は15作(先週12作)だった。 今週1位(先週10位)を獲得したのは、King Gnu「逆夢」(視聴回数551.6万回)。アニメ映画『劇場版 呪術廻戦 0』のエンディングテーマだ。視聴回数が先週の2.2倍に伸長し、初の首位獲得となった。4位(先週2位)には同映画の主題歌「一途」(同418.6万回)もランクインしている。昨年末には、この2作を収録したCDシングル「一途/逆夢」がリリースされ、22年1月6日発表の「オリコン週間シングルランキング」で、自身初の1位を獲得している。 3位(先週4位)は、Aimerの「残響散歌」(同423.9万回)。人気アニメ『「鬼滅の刃」遊郭編』(フジテレビ系)のオープニングテーマで、先週よりも視聴回数が微増して順位を
2022/01/19
【デジタルシングル】AimerのTVアニメ『「鬼滅の刃」遊郭編』テーマ曲が1位、2位独占
デジタルシングル

AimerのTVアニメ『「鬼滅の刃」遊郭編』テーマ曲が1位、2位独占
Aimer「朝が来る」 1月24日付(集計期間:22/1/10〜1/16)【デジタルシングル】では、1月10日配信開始のAimer(読み:エメ)「朝が来る」が、初週DL 数4.0万DL(40,365DL)で、初登場1位を獲得。また2位には、21年12月6日配信開始のAimer「残響散歌」(読み:ざんきょうさんか)が、週間DL 数2.5万DL(24,991DL)でランクインし、1位、2位独占となった。累積は23.4万DL(234,490DL)。「朝が来る」は現在オンエア中のTVアニメ『「鬼滅の刃」遊郭編』のエンディングテーマ、「残響散歌」は同アニメのオープニングテーマとなっている。 なお、この2曲が収録されているシングル「残響散歌/朝が来る」は、同日付の【シングル】においても初週4.4万枚で初登場1位を獲得している。Aimer「カタオモイ」 また、同日付の【ストリーミング】では、A
2022/01/18
【ストリーミング】優里、アルバム発売効果でTOP500内総再生数は2桁台の伸長
ストリーミング

優里、アルバム発売効果でTOP500内総再生数は2桁台の伸長
 22.1/24付(22.1/10〜1/16)、ストリーミングTOP100内の週間総再生数は2億6176.6万回(先週比4.7%増)、TOP500の週間総再生数は前週比で5.5%増となった。TOP100内初登場作は4作(先週4作)、TOP500では32作(先週22作)となった。アーティスト別TOP500合計再生数の上位30組の動向※上位30組を掲載 今週のTOP500内の総再生数1位は6週連続でYOASOBI。TOP500内ランクイン数は先週と同じく15作、TOP500内総再生数は4.0%減となった。2位は優里でTOP500内ランクイン数は先週よりも7作増加して16作となり、TOP500内総再生数は38.8%増となった。3位はKing Gnuで、TOP500内ランクイン数は11作(先週10作)となり、TOP500内総再生数は11.8%増となった。 TOP500内の合計再生数が先週を
2022/01/18
> MORE

Special

【特集】ブレイクを予測する難題に挑み続ける『バズリズム02』のプレゼンス(ORICON BiZ online)
特集

ブレイクを予測する難題に挑み続ける『バズリズム02』のプレゼンス
 バカリズムがMCを務める日本テレビの音楽番組『バズリズム02』。その新春恒例人気企画『今年コレがバズるぞ』ランキングは、その年にブレイクする可能性が高いアーティストを順位で紹介することから、音楽ファンはもちろん、業界関係者からも熱い注目を集めている。インターネットカルチャーがブレイクに大いに影響し、これまでにない形でヒットが生まれる昨今は、年初に1年の音楽シーンを予測するのは至難の業ではないかと思われる。同番組の取り組みについて、プロデューサーの前田直敬氏に聞いた。ランキングに表れたミュージックシーンの“今” スタートから6年、音楽関係者300人弱へのアンケート調査からランキングを作成する新春企画『今年コレがバズるぞベスト10』。昨年発表した2021年のランキングの大きな特徴だったのは、それまで過半数を占めていたバンドが減少。その分、男女ソロ、男女アイドル、ユニット、グループが増
2022/01/19
【マーケット動向】12月度シングル 前月に引き続き男性グループの活躍で好実績(ORICON BiZ online)
マーケット動向

12月度シングル 前月に引き続き男性グループの活躍で好実績
 21年12月度(集計期間:21/11/29〜21/12/26)の音楽ソフト(オーディオ+音楽DVD・Blu-ray Disc<以下BD>)の総売上額は217.3億円(前年同期比6.0%減)となった。音楽DVDが前年実績を上回ったものの、その他の盤種が前年実績を割り込み、とくにアルバムのマイナス幅が大きかった。【シングル】男性グループの活躍で過去5年の中では昨年に次ぐ2番目の好実績 盤種ごとの内訳は、【シングル】が52.4億円(前年同期比3.8%減)となった。前年実績には届かなかったものの、12月としては過去5年の中では昨年に次ぐ2番目の好実績となっている。対象期間内で売上10万枚以上の作品が6作(20年:5作)となった。 月間1位は、9人組ボーイズグループ・Snow Manの「Secret Touch」(月間売上79.5万枚)。メンバーの目黒蓮がW主演を務めるTVドラマ『消えた初
2022/01/18
【特集】最高の非日常感を味わう ライブ・エンタメ空間は新たなフェーズへ (ORICON BiZ online)
特集

最高の非日常感を味わう ライブ・エンタメ空間は新たなフェーズへ 
ぴあアリーナMMにて開催された『PIA MUSIC COMPLEX 2021 -ぴあフェス-』(21年10月) ポスト・コロナを見据えるかのように、ぴあアリーナMM(2020年オープン)、東京ガーデンシアター(同)、Kアリーナ横浜(2023年秋オープン予定)と、新しいライブ会場が続々に開業、もしくは予定されている。いずれも、従来の同クラスの会場よりもアーティストとの距離感の近さや、客席からのステージの見やすさが大きな特徴となっている。コロナ禍でライブ・エンタテインメントが足踏みせざるを得なかった2年間に、会場、そしてライブ演出もさまざまな進化を遂げているようだ。ライブ感を追求した音楽特化型アリーナ続々開業の理由 ぴあアリーナMM構想が立ち上がったのは2010年代半ば。当時、音楽ライブの市場規模は5年間ほどで倍に跳ね上がったが、アリーナ規模の公演数はそこまで伸びていなかった。その理由
2022/01/12
> MORE

Topics

【新サービス】グローバル音楽視聴エコシステムを目指す音楽コミュニティ「FRIENDSHIP.DAO」スタート
新サービス

グローバル音楽視聴エコシステムを目指す音楽コミュニティ「FRIENDSHIP.DAO」スタート
 HIP LAND MUSICはParadeALL社そしてFracton Ventures社とともに新時代のグローバル音楽視聴エコシステムになり得る音楽コミュニティを構築すべく「FRIENDSHIP.DAO」を始動する。 「FRIENDSHIP.DAO」は、キュレーションミュージックアグリゲーターとして評価を得ている同社の「FRIENDSHIP.」の機能と特徴を際立たせたものとして、Web3の自己主権型特性を取り入れアーティストドリブンで、さらにそれを支持するキュレーターやリスナーとWeb3上での相互支援的コミュニティを創造し、新たな音楽エンタテイメントのエコシステムを構築していく。 FRIENDSHIP. DAOの立ち上げにあたり、HIP LAND MUSIC代表取締役・野村達矢氏は次のように語っている。「長らくこの音楽業界でアーティストマネージメント業務においての確たる評価を得
2022/01/21
【新サービス】タワーレコード、店舗で自社ポイントとdポイントのW付け運用開始
新サービス

タワーレコード、店舗で自社ポイントとdポイントのW付け運用開始
 タワーレコードは、2月3日よりタワーレコード店舗でのポイントサービスを変更し、同社運営の「タワーレコードポイント」と、NTTドコモ運営のポイントサービス「dポイント」の併用を開始する。 従来、タワーレコード店舗では、両社のポイントカードを所有のユーザーは購入時にどちらかを選択しポイントが進呈されていたが、今回のポイント併用開始に伴い、双方のカードを同時に提示すると、一度の買物で最大2%のポイントが貯まることになる。 支払い時にタワーレコード店舗アプリ/タワーレコードメンバーズカードを提示することで、購入1回につき、購入額100円+税ごとにタワーレコードポイントが1ポイント、さらにdポイントカード/モバイルdポイントカード/dカードGOLD/dカード/dカードプリペイド/d払いアプリ内モバイルdポイントカードを提示することで、購入1回につき、購入額100円+税ごとにdポイント1ポイ
2022/01/21
【新プロジェクト】映画監督 堤幸彦、本広克行、佐藤祐市による日本初のエンタメDAOプロジェクト始動
新プロジェクト

映画監督 堤幸彦、本広克行、佐藤祐市による日本初のエンタメDAOプロジェクト始動
 日本のエンタメ・映画界を牽引してきた3人の映像監督、堤幸彦・本広克行・佐藤祐市が共同で制作指揮をとり、サポーターと一丸となってオリジナルの原作づくりから映像化まで全プロセスの一気通貫させるプロジェクト『SUPER SAPIENSS』が始動した。 既成の映像制作のスタイルとは異なる新しい仕組みでモノづくりを行う試みで、プロジェクトには、ブロックチェーンやNFT、VR/AR事業を行うFiNANCiEの『トークン発行』と、トークンを基盤とした『共創コミュニティ』を活用。エンタメDAO(分散型自律組織 ※1)にチャレンジする。 プロジェクト第1弾は、3監督が紡ぐオリジナルストーリーの世界観をより多くの人々へ届けると共に、本格的な映像コンテンツの足掛かりとなる作品となる『WEBTOON』(ウェブトゥーン ※2)の制作を予定。3監督それぞれが映像制作の現場で活用してきた「絵コンテ」を読み進め
2022/01/21
【新プロジェクト】ランティス、アニソン・クラブミュージック専門ライン「CLUB Lantis」始動
新プロジェクト

ランティス、アニソン・クラブミュージック専門ライン「CLUB Lantis」始動
 アニソンレーベル、ランティスが1月20日、日本が世界に誇る文化 "アニソン" と "エクストリームミュージック" を融合させ、様々なアーティスト&コンテンツを創り出すことを目的とした「CLUB Lantis」を始動すると発表した。 同社が提唱するアニソン・クラブミュージック専門ラインは、ラッパー、シンガー、DJ、コスプレイヤーなどを発掘し、様々な才能をもったクリエーター達と共に「新しい形のアニソン」 を世界のファンに届けるプロジェクトとなる。「CLUB Lantis」による第1弾作品は、新進気鋭のトラックメーカー陣によるリミックスアルバム、『CLUB Lantis presents Remix the Future』(22年3月16日発売予定)。昨今のクラブシーンを余すところなく反映した本アルバムには、未来を担う若手リミキサーのみならず、海外から凄腕のクリエイター陣も参加。懐かし
2022/01/20
【受賞】「第166回」芥川賞及び直木賞の受賞作決定
受賞

「第166回」芥川賞及び直木賞の受賞作決定
 第166回芥川龍之介賞・直木三十五賞の選考委員会が1月19日(水)に都内にて開催され、芥川賞に、砂川文次(すながわぶんじ)氏の『ブラックボックス』、直木賞には、今村翔吾(いまむらしょうご)氏の『「塞王(さいおう)の楯(たて)」と米澤穂信(よねざわほのぶ)氏の『黒牢城(こくろうじょう)』が決定した。【芥川賞:砂川文次氏の『ブラックボックス』】【直木賞:今村翔吾氏の『「塞王の楯」】【直木賞:米澤穂信氏の『黒牢城』】日本文学振興会 芥川賞HP 日本文学振興会 直木賞HP
2022/01/20
【オーディション】美少女図鑑×ホリプロ 次世代俳優発掘オーディション最終回を生配信
オーディション

美少女図鑑×ホリプロ 次世代俳優発掘オーディション最終回を生配信
 美少女図鑑がホリプロと共に開催中の、次世代俳優発掘オーディション『NTTぷらら presents ホリプロ ネクスト produced by 美男子図鑑』(応募は締切済、に密着した特別番組(全5回)が、NTTぷららが運営する映像配信サービス「ひかりTV」で2月19日より独占配信される。 同番組は、これまで数多くの国民的女優を輩出してきた地域密着型メディア「美少女図鑑」による、次世代の“美男子”を輩出するための新プロジェクト「美男子図鑑」と、藤原竜也や妻夫木聡、松山ケンイチ、鈴木亮平や池松壮亮、竹内涼真などが所属するアーティストプロダクション・ホリプロがタッグを組んだ、次世代俳優を発掘するためのオーディションを、約5ヶ月間にわたって密着取材したもの。NTTぷららは、冠スポンサーとして協賛している。 最終回3月19日(土)13:00からのライブ配信では、俳優・中尾明慶と、お笑い芸人・
2022/01/19
【新サービス】レコチョク、NFT発行・販売等ブロックチェーン活用ビジネスへ本格参入
新サービス

レコチョク、NFT発行・販売等ブロックチェーン活用ビジネスへ本格参入
 レコチョクは1月18日、Web3.0時代を見据え、NFT(Non-Fungible Token、非代替性トークン)の発行から販売、また、チケット、ERC-20(分散型プラットフォームでの共通規格・ルールの1つ)トークンや、音楽業界へのDAO(自律分散型組織)の提案など、様々なブロックチェーンを活用したソリューション事業へ本格参入すると発表した。 第1弾として同社が運営する音楽業界向けワンストップECソリューション「murket(ミューケット)」にNFTアイテムの販売機能を追加。1月19日よりソロシンガー・CAIKI(カイキ)が100個限定でNFTを期間限定で販売。CAIKIがアーティストを目指し上京してから21年までの活動の軌跡を、200以上の活動風景・オフショット・歌唱動画・ライブ動画で収録。本人が書いた当時の想いとともにアーティストの足跡をたどることができる内容となっている。
2022/01/19
【音楽配信】Spotifyが今年躍進を期待するネクストブレイクアーティスト10組を発表
音楽配信

Spotifyが今年躍進を期待するネクストブレイクアーティスト10組を発表
 ストリーミングサービス Spotifyは1月18日、2022年に飛躍が期待される注目の国内新進アーティスト10組を「RADAR: Early Noise 2022」として選出した。今後年間を通じて10組のアーティストをサポートし、国内外の音楽ファンに様々な形でいち早く紹介していく。 17年にスタートした「RADAR: Early Noise」では、これまでにあいみょん、Official髭男dism、King Gnu、藤井風、Vaundyほか様々なアーティストを選出。それらアーティストはその後、多くのリスナーを獲得して、国民的なアーティストへとステップアップしていった。6年目を迎えた今年は、アーティストがより多くの音楽ファンに作品やクリエイティブな魅力が届けられるよう、従来のプレイリストやイベントなどでのサポートに加え、新たな取り組みを実施していく。■海外へ向けた発信の強化 Spo
2022/01/18
【イベント】アーティスト12組が出演 小児がんの子どもたちを元気づけるチャリティーライブ無料・生配信で開催
イベント

アーティスト12組が出演 小児がんの子どもたちを元気づけるチャリティーライブ無料・生配信で開催
 エイベックス・ヘルスケアエンパワーが社会活動をサポートしている小児がん基金一般社団法人「Empower Children」は、朝日新聞社と共同主催によるチャリティーライブ「LIVE EMPOWER CHILDREN 2022 supported by 第一生命保険」を、22年2月15日の国際小児がんデーに合わせて無料・生配信で開催する。 19年からスタートした「LIVE EMPOWER CHILDREN」は、エイベックス社員の家族が小児がんを患ったことをきっかけに始まり、“エンタテインメントは、子どもたちの「生きる力」をつくる。”をテーマに、アーティストがエンタテインメントの力を通じて、小児がんの子どもたちを音楽で元気づけるためのチャリティーライブ。 3回目の開催となる今回は、東京スカパラダイスオーケストラ、TRF、倖田來未、Da-iCEなど、小児がんの子どもたちへの支援に賛同す
2022/01/18
【ライブ】アミューズ所属の女優たちによる「ハンサムライブ」、3月8日開催
ライブ

アミューズ所属の女優たちによる「ハンサムライブ」、3月8日開催
 国際女性デー(International Woman’s Day)にあたる3月8日、Bunkamuraオーチャードホールにて、アミューズ所属の女優たちが出演する「AMUSE PRESENTS SUPER HANDSOME W LIVE “HANDSOME” is not just for men.(スーパー・ハンサム・ダブル・ライブ ハンサム・イズ・ノット・ジャスト・フォー・メン)」が開催される。1月17日、主催するアミューズが発表した。 2005年に始まった、若手男性俳優によるファン感謝祭、通称「ハンサムライブ」だが、今年、女優たちによる「ハンサムライブ」を始動する。「ハンサム」の概念は男性だけでないとし、エンターテインメントを愛する、かっこいい女性たちの歌と踊りで綴る、ボーダレスな魅力全開のライブを届ける。 上段左から:柚希礼音、ソニン、愛希れいか、村川絵梨、清水くるみ下段左
2022/01/17
【新レーベル】ジャニーズ事務所×エイベックス、新レーベル「MENT RECORDING」設立
新レーベル

ジャニーズ事務所×エイベックス、新レーベル「MENT RECORDING」設立
 ジャニーズ事務所とエイベックス・エンタテインメントがタッグを組み、新レーベル「MENT RECORDING」(読み:メントレコーディング)を設立したことが、エイベックスとMENT RECORDING公式で1月15日発表された。Kis-My-Ft2Snow Man 同レーベルには、昨年デビュー10周年を迎えたKis-My-Ft2と、まもなくデビュー3年目に入るSnow Manが所属する。「MENT RECORDING」の「MENT」は・Music・Entertainment・Network ・Transmissionというこれからの時代に必須な要素が詰まった言葉を組み合わせ、「MENT」自体も〇〇+MENT/MENT+○○など、多様な意味を持つことから決定したとしている。 なお、今後の活動・CDリリースなどの詳細は、後日発表される。 ■MENT RECORDING Official
2022/01/17
【新サービス】小学館とプレティア、地域活性化プロジェクト第1弾、AR謎解きゲームスタート
新サービス

小学館とプレティア、地域活性化プロジェクト第1弾、AR謎解きゲームスタート
 小学館は、AR技術を持つプレティア・テクノロジーズ(以下「プレティア」)と業務提携して進めている地域活性化プロジェクト、「ARタウン」の実証実験第1弾企画として、東京・千代田区神保町を巡るAR謎解きゲーム「ある珈琲店からの挑戦状」を1月26日よりリリースする。 地域活性化プロジェクト「ARタウン」とは、街に情報やエンタメを埋め込み、あるいは街そのものをコミュニケーションツールとすることで「街をメディア化」し、地域を活性化していくという試み。その実証実験の第1弾として、小学館の所在地である神保町が舞台に選ばれた。 AR謎解きゲーム「ある珈琲店からの挑戦状」は、ある珈琲店の店主から出されたミッションを、スマートフォンを手に持ち、街を歩きながらクリアしていくゲーム。昔ながらの喫茶店や古書店、名物のカレー店など個性的な店が軒を連ねる神保町の、街の看板やビルの壁、公園などにスマートフォン
2022/01/13
【ライブ】きゃりーぱみゅぱみゅ、米音楽フェス「コーチェラ」出演決定
ライブ

きゃりーぱみゅぱみゅ、米音楽フェス「コーチェラ」出演決定
 きゃりーぱみゅぱみゅが、2022年4月15日〜24日にかけて2週にわたって開催される米国最大級の野外音楽フェス「コーチェラ・ヴァレー・ミュージック・アンド・アーツ・フェスティバル」(1999年から毎年開催しており、フジロックのように大自然の中で行われるフェス)に出演することが決定した。 日本からは、18年にX JAPAN、19年にPerfumeが出演している。20年、21年は新型コロナの影響で開催が見送られたが、今年2年ぶりに開催が決定し、出演アーティストが発表された。 今年はハリー・スタイルズ、ビリー・アイリッシュ、イェ(カニエ・ウェスト)がヘッドライナーとして出演するほか、世界中の豪華アーティスト達がラインナップされている。 日本からは、原宿から世界に日本のカルチャーを発信し、過去4度のワールドツアーを行うなどワールドワイドな活動を展開しているきゃりーぱみゅぱみゅの出演(4月
2022/01/13
【新サービス】テレビ朝日映像、企業・官公庁・自治体向け「動画制作サービス」提供開始
新サービス

テレビ朝日映像、企業・官公庁・自治体向け「動画制作サービス」提供開始
 テレビ番組をはじめとした動画制作を手掛けるテレビ朝日映像は1月12日、企業・官公庁・自治体向けに企画・キャスティング・撮影・編集・広告展開までを一気通貫で行う「動画制作サービスの提供を開始した。 新型コロナウイルス感染拡大をきっかけに、インターネットを活用したコミュニケーションの重要性が高まるなか、同社では、テレビ制作をはじめとする60年以上の実績とノウハウを活かして、ニーズや目的に合わせた最適な企画提案からキャスティング、撮影、制作までをワンストップで支援するサービスを開発し、どのプラットフォームにおいても通用する、質の高い動画コンテンツ制作の提供を開始する。 同社では、自社の専門技術部門を擁し、最新機材なども所持しているほか、編集・MAなどの機能も搭載した自社3Dバーチャルスタジオも完備。テレビ番組制作の経験を活かし、ローランド、Mr. マリック、ロバート・キャンベルなどをは
2022/01/12
【新サービス】HYBE、BTS・ENHYPEN・T X Tとコラボしたウェブ漫画・小説の配信スタート
新サービス

HYBE、BTS・ENHYPEN・T X Tとコラボしたウェブ漫画・小説の配信スタート
 HYBEは、同社のオリジナルストーリーを基にしたウェブ漫画とウェブ小説シリーズ3本を、1月15日より順次配信スタートする。 このオリジナルストーリーは、HYBEが直接企画・開発した固有のストーリーIPで、今回公開となる3本『7FATES:CHAKHO』(15日)、『黒の月:月の祭壇』(16日)、『星を追う少年たち』(17日)は、それぞれBTS、ENHYPEN、TOMORROW X TOGETHERとコラボレーションしている。 HYBEオリジナルストーリー ウェブ小説公式ポスター(左から「7FATES:CHAKHO」、「黒の月:月の祭壇」、「星を追う少年たち」)  同社はストーリー内のキャラクターをアーティストが表現して生命力を吹き込む、アーティストコラボレーションの方法でウェブ漫画とウェブ小説を制作し、ファンにユニークに楽しめるコンテンツを提供していく。上記3作は、LINEマン
2022/01/12
【イベント】KADOKAWA、女性声優が集結するフェス3月開催
イベント

KADOKAWA、女性声優が集結するフェス3月開催
 KADOKAWAは、いま最も輝く女性声優が集結する新感覚の声優フェス「EJ My Girl Festival 2022」を3月5日(土)・6日(日)の2日間、千葉・舞浜アンフィシアターで開催することを決定した。 初日の3月5日は、井口裕香、伊藤美来、大西亜玖璃、南條愛乃の4組、2日目の3月6日は、工藤晴香、久保ユリカ、芹澤優、富田美憂の4組がそれぞれ出演。MCは両日とも、お笑いコンビ「天津」の向(むかい)が担当する。 同イベントは、注目の女性声優たちの “素顔” に迫るビジュアルブック『My Girl』のリアルイベント第2弾で、第1弾は昨年6月19・20日に開催された。ライブパフォーマンスに加え、書き下ろしオリジナルストーリーの朗読コーナー、トークコーナーなどがあり、様々な角度から出演者の魅力を堪能できる女性声優フェスとなっている。■開催日時:22年3月5日(土)・6日(日)【D
2022/01/11
【閉館】「岩波ホール」今夏閉館、新型コロナの影響により54年の歴史に幕
閉館

「岩波ホール」今夏閉館、新型コロナの影響により54年の歴史に幕
 「岩波ホール」は1月11日、同ホールを22年7月29日を以閉館すると公式サイトで発表した。新型コロナの影響による急激な経営環境の変化を受け、劇場の運営が困難と判断したため。54年の歴史に幕を下ろすことになった。 1968年2月に多目的ホールとして開館した、(故)川喜多かしこ氏と、同ホール総支配人(故)高野悦子氏が、名作映画上映運動「エキプ・ド・シネマ」をスタート。「日本では上映されることの少ない、アジア・アフリカ・中南米など欧米以外の国々の名作の紹介」「欧米の映画であっても、大手興行会社が取り上げない名作の上映」「映画史上の名作であっても、何らかの理由で日本で上映されなかったもの、またはカットされ不完全なかたちで上映されたもの」「日本映画の名作を世に出す手伝い」という4つの目標を掲げ、インド映画『大樹のうた』を上映し、単館映画館の道を進み、これまで、65ヶ国・271作品の名作を上
2022/01/11
【ライブ】西城秀樹、デビュー50周年記念スペシャルコンサート開催
ライブ

西城秀樹、デビュー50周年記念スペシャルコンサート開催
 今年3月にデビュー50周年を迎える西城秀樹さん(2018年5月他界)のコンサート開催を1月7日、ソニー・ミュージックダイレクトが発表した。 最後のステージとなった17年の「THE 45+1」から5年、往年の西城秀樹の映像と、当時のコンサートのバンドメンバーによる生演奏によって実現するもので、同ステージに関わった全スタッフも集結。今年4月3日(日)神奈川と4月14日(木)大阪にて「HIDEKI SAIJO CONCERT 2022 THE 50」とし実施される。 また、デビュー50周年目にあたる3月25日には、『ザ・ベストテン』や『8時だョ!全員集合』など、TBSでの出演映像を集めたDVD BOX『THE 50 HIDEKI SAIJO song of memories』の発売も決定。ソニー・ミュージック公式YouTubeチャンネルにて、その先行映像『THE 50 HIDEKI
2022/01/11
【音楽配信】AWA、2022年の注目アーティスト29組を発表
音楽配信

AWA、2022年の注目アーティスト29組を発表
 音楽ストリーミングサービス「AWA」は、同サービスのオフィシャルライター、エディターが選ぶ2022年に注目するアーティストを発表した。 今回発表された2022年注目アーティストは、ロッキン・ライフの中の人、遊津場、okkaaaなど、各音楽ジャンルに精通したAWAオフィシャルライターと、AWAの中の人である各ジャンルのエディター陣が、今年注目するアーティストを選出。各ジャンルのプロが選んだイチオシの洋邦合わせてアーティスト29組をピックアップ。なお、選出されたアーティストの作品と解説コメントはプレイリストとして公開されている。■AWAオフィシャルライター&エディターが選ぶ、2022年注目アーティスト
2022/01/07
【新サービス】メタバース プロダクション、基盤インフラとなる大型LED常設スタジオ2ヶ所オープン
新サービス

メタバース プロダクション、基盤インフラとなる大型LED常設スタジオ2ヶ所オープン
 ヒビノ、東北新社、電通クリエーティブXが発足した「メタバース プロダクション」は1月14日より、プロジェクトの基盤インフラとなる大型LED常設スタジオ「studio PX ZERO」及び「studio PX HIBINO」をオープンする。 この「メタバース プロダクション」は、映像制作における温室効果ガス削減とプロセス効率化を目指す共同プロジェクト。オープンする「studio PX」はメタバース プロダクションによる大型LED常設スタジオの総称で、通常のバーチャルプロダクション撮影を目的とする使用をはじめ、メタバース プロダクションが開発・提供を予定する“PXサービス”提供基盤のスタジオとなる。※PXはProduction Transformationの略で、映像制作トランスフォーメーションを意味する造語 FACTORY(旧横浜スーパー・ファクトリー)鶴見スタジオ内に1月14日か
2022/01/07
> MORE