Member's Login

会員ログインはこちら閲覧には会員登録が必要です
音楽
映像ソフト
書籍
商品・データ・サービス等
お問い合わせ
サービスのご案内

Ranking Topics

【ストリーミング】TOP500ランクイン総アーティスト数は210組 最多はBTSの39作
ストリーミング

TOP500ランクイン総アーティスト数は210組 最多はBTSの39作
 弊社では、2018年12月のストリーミングランキング開始時より週間100位まで公開してきましたが、より多くのヒットを可視化できるよう、21.4/19付(集計対象期間:21. 4/4〜4/19)の週間ストリーミングランキングより500位までを公開することとなりました。そこで、今週より、TOP500の動向を分析していきます。TOP100内動向 上位TOP100内の週間総再生数は2億8127.9万回(前週比11.2%増)となった。1位(前週2位)はBTS「Film out」(再生数1167.2万回)。再生数を前週の約1.5倍としている。同曲が主題歌となっている、映画『劇場版シグナル 長期未解決事件捜査班』(坂口健太郎主演)が4月2日に公開されるなど話題性もあって伸長したものと考えられる。同曲はじめ、TOP100内にはBTSの楽曲が8作、TOP500内には39作がランクインしている。
2021/04/13
【デジタル】NiziU、女性グループとしては初のデジタルシングル1位、2位独占
デジタル

NiziU、女性グループとしては初のデジタルシングル1位、2位独占
NiziU 「Take a picture」 4月19日付(集計期間:21/4/5〜4/11)【デジタルシングル】では、NiziU の「Take a picture」が、週間DL数2.6万DL(25,572DL)で、1位を獲得。先週4/12付での初登場2 位から順位を上げ、登場2週目で初の1位となり、20/7/13 付での「Make you happy」に続き、自身通算2作目の1 位獲得となった。 また同ランキング2位には、NiziU「Poppin’ Shakin’」が、週間DL数1.3万DL(13,124DL)でランクイン。先週の13位から大きく順位を上げ、3/1付、3/8 付で記録した4 位を上回る最高位を記録した。 同一アーティストの同ランキング1位、2位独占は、20/11/16 付でのLiSA 以来で、女性グループとしては史上初となった。「Take a picture」は、
2021/04/13
【YouTubeチャート】BTS、上位初登場「Film out」含む7作品同時TOP100入り
YouTubeチャート

BTS、上位初登場「Film out」含む7作品同時TOP100入り
 今週(2021.4/2〜4/8)のYouTubeチャートTOP100の週間総視聴回数は、前週比超えとなる8.1%増を記録し、7週ぶりに減少傾向はストップした。 1位は、前週2位に初登場したNiziUの最新作「Take a picture」(同1,082.6万回)。昨年7月の「Make you happy」以来2作目の首位獲得となった。さらに今週は「Poppin' Shakin'」(同628.3 万回)が、先週50位から5位に急上昇、自身初の2作同時TOP5入りとなっている。4月7日に2ndシングル「Take a picture/Poppin' Shakin'」がCD発売され、NHK『うたコン』などの音楽番組への出演や情報番組での露出が相次いだことが影響しているようだ。 2位には、BTSの日本オリジナル最新曲「Film out」(同893.0万回)が初登場。4月2日公開の坂口健太郎
2021/04/13
【アルバム】指原莉乃プロデュース・≠ME、デビューアルバムで1位
アルバム

指原莉乃プロデュース・≠ME、デビューアルバムで1位
(c)YOANI/KING RECORDS≠ME『超特急≠ME行き』 4月12日付(集計期間:21/4/5〜4/11)【アルバム】では、指原莉乃プロデュース・=LOVE(ヨミ・イコールラブ)の姉妹グループ・≠ME(ヨミ・ノットイコールミー)のデビューアルバム『超特急≠ME行き』が、初週売上2.8万枚で初登場1位を獲得した。 本作は、リード曲「秘密インシデント」をはじめ、≠MEがこれまで披露してきた楽曲や、配信限定リリースとなっていた「≠ME」、「空白の花」など全9曲を収録している。 また、3位には、浜崎あゆみのバラード・ベストアルバム『A BALLADS 2』が、初週売上1.1万枚でランクイン。これでTOP10入りは通算53作となり、松田聖子と並び歴代2位タイだった「アルバムTOP10入り獲得作品数」は歴代単独2位となった。また、「女性アーティストによるアルバムTOP10入り獲得
2021/04/12
【シングル】NiziU、2ndシングル、1stから2作連続初週30万枚超えで1位
シングル

NiziU、2ndシングル、1stから2作連続初週30万枚超えで1位
NiziU「Take a picture/Poppin’ Shakin’」 4月19日付(集計期間:21/4/5〜4/11)【シングル】では、9人組グローバル・ガールズグループ・NiziU(ニジュー)の2ndシングル「Take a picture/Poppin’ Shakin」が、初週売上31.7万枚で1位に初登場。20/12/14付、21/1/11付で2度の1位を獲得したデビューシングル「Step and a step」に続き、2作連続通算2作目の1位となった。 また初週売上31.7万枚は、前作「Step and a step」の初週売上31.2万枚を上回り、自己最高を記録し、2作連続で30万枚突破とした。デビュー(1st)シングルから2作連続での初週売上30万枚超えは、史上6組目、女性アーティストでは日向坂46に続き、史上2組目となった。【参考】「デビュー(1st)からの連続初
2021/04/12
【BOOK】【コミック】共に、『転生したらスライムだった件』1位
BOOK

【コミック】共に、『転生したらスライムだった件』1位
 4月12日付(集計期間:21/3/29〜4/4)【BOOK】では、小説投稿サイト「小説家になろう」で連載されていたWEB小説『転生したらスライムだった件』を元にした、ノベルス最新刊『転生したらスライムだった件 18』が週間売上8.3万部で1位を獲得。 また同日付【コミック】でも、同シリーズのコミカライズ最新刊『転生したらスライムだった件 17』が週間売上32.2万部で1位を獲得した。 同日付【文庫】では、先月3月24日に発売された、東野圭吾『魔力の胎動』が週間売上3.7万部で1位を獲得。先週4/5付に続き2週連続の1位となった。 今回、今年度30万部を突破した作品が3作出ており、第164回芥川賞を受賞した宇佐見りん『推し、燃ゆ』が、週間売上2.5万部で2位を獲得し、累積売上部数32.4万部を記録。 スウェーデンの精神科医アンデシュ・ハンセンが執筆した世界的ベストセラー『スマホ脳
2021/04/08
> MORE

Special

【特集】オンラインでの新たな表現方法を模索 ライブ配信専用スタジオを設立したTHECOOの挑戦
特集

オンラインでの新たな表現方法を模索 ライブ配信専用スタジオを設立したTHECOOの挑戦
4面LEDパネルを常設した「BOXスタジオ」 新型コロナウイルス感染拡大によって、リアルライブを自粛せざるを得なくなり、多くのアーティストがオンラインライブへと舵を切ってから、1年が経過した。その間に、音楽を生業とするプロとして、有料でライブを行いたいアーティストサイド、そして好きなアーティストを応援したいというファン、双方のニーズが合致して、有料オンラインライブ市場は短期間に急拡大を遂げた。ぴあ総研は2020年の市場規模を448億円と推計している。オンラインライブは次のステップに移行する端境期に リアルライブに対する飢餓感もあって、すっかり定着したオンラインライブだが、今年に入ってから、その熱が落ち着きを見せている感は否めない。そういった今の状況について、「ユーザーがトーンダウンしているのではないか」と語るのは、コミュニティ型ファンクラブ「Fanicon(ファニコン)」を運営する
2021/04/12
【レポート】IFPI、2020年全世界の音楽市場は6年連続でプラス成長
レポート

IFPI、2020年全世界の音楽市場は6年連続でプラス成長
 IFPI (国際レコード産業連盟)は、2020年全世界の音楽市場における年間売上レポートを発表した。それによると、20年の世界の音楽市場は前年比7.4%増となる216億ドル(約2兆3500億円)となり、6年連続でプラス成長となった。ストリーミングが売上シェアで6割を超える 市場をけん引したのはストリーミングで、有料ストリーミング(Subscription audio stream)が全体の売上の46.0%を占める99.4億ドル (約1兆700億円)、広告モデルの無料ストリーミング(Ad-supported streams)が全体の売上の16.2%を占める35億ドル(約3780億円)とそれぞれ伸長。有料、無料を足したストリーミング全体では、前年比19.9%増となる134億ドル(約1兆4500億円)となり、売上シェアで62.1%と、6割を超えている。 また、有料ユーザー数は、前年比2
2021/04/05
【インタビュー】「歌でみんなの感情を開放したい!」再スタートを切った声優アーティスト愛美の決意
インタビュー

「歌でみんなの感情を開放したい!」再スタートを切った声優アーティスト愛美の決意
 2010年の声優デビュー以来、数多くのキャラクターソングを担当するなど歌手としても定評を得てきた愛美。15年にはメディアミックスプロジェクト「BanG Dream!(バンドリ!)」発のリアルバンドとして結成されたPoppin’Partyのフロントメンバー・戸山香澄役として大ブレイク。得意とするギターを携え、日本武道館をはじめ数多くのライブステージに立ってきた。そんな彼女が、水樹奈々、宮野真守、蒼井翔太らが所属するKING AMUSEMENT CREATIVEに所属し、アーティスト活動をスタート。4月7日、全曲作詞を手がけた第1弾シングル「ReSTARTING!!」をリリースした。デビュー以来、温め続けてきた音楽への思いやアーティスト活動へのこだわり、今後の夢を聞いた。経験を積み重ねたことで歌うことに憶病になっていった日々 KISSのコピーバンドを結成しているロックンロール好きなお
2021/04/05
> MORE

Topics

【テレビ】「ABEMA 5th Project」始動 テレ朝『報道ステーション』と連携強化
テレビ

「ABEMA 5th Project」始動 テレ朝『報道ステーション』と連携強化
 4月11日に開局5周年を迎えた「ABEMA(アベマ)」は、サービスを愛用している視聴者や関係者に感謝の気持ちを込めて、サービス6年目に向け年間を通して「ABEMA 5th Project」と題した5つのプロジェクトを展開する。 実施するプロジェクトは「クリエイターProject」、「オリジナルコンテンツProject」、「パートナーシップProject」、「テレビ朝日×ABEMA Project」、「プロダクトアップデートProject」の5つ。クリエイターProjectでは、日本のトレンドをけん引したクリエイターを迎え、新たなオリジナルドラマや特別番組の企画、制作を進めていく。 オリジナルコンテンツProjectでは、2018年から始まった、とんねるずの石橋貴明とのプロジェクトをさらに進化させた『石橋プレミアム超豪華特番』や、これまで幾度も話題を生んだ元プロボクサーの亀田興毅と
2021/04/13
【新サービス】PC、日本初の読書に特化したスマホによる読書支援サービス「YourEyes」開始
新サービス

PC、日本初の読書に特化したスマホによる読書支援サービス「YourEyes」開始
 ポニーキャニオンは、視覚障害者や読み書き障害者など、読書困難者に向けた月額定額制の新しい読書支援サービス「YourEyes(ユアアイズ)」をスタートさせた。音楽や映像を始めとするエンターテインメントの中でも、最も身近にあるのは”読書”であると考え、目の不自由な方や、読み書きを苦手とする方にも、もっと積極的に”読書”を楽しんで頂けるように開発したサービスである。 「YourEyes」は、本のページを読み取るOCR(光学文字認識)技術と、読み取った文章を読み上げるTTS(テキスト読み上げ)技術を組み合わせたもので、アプリをスマートフォンにダウンロードし、本の書面を撮影することで、スマートフォンがその書面に書かれた内容を読み上げる。読み上げには、人間の朗読に近く、「喜」「怒」「悲」の感情表現にも対応した最新の音声合成エンジンであるHOYA株式会社のReadSpeakerを採用。まるで
2021/04/12
【新サービス】エイベックス、1人で短尺アニメ制作が簡単に行えるツール「AniCast Maker」発売
新サービス

エイベックス、1人で短尺アニメ制作が簡単に行えるツール「AniCast Maker」発売
AniCast Makerの公式YouTubeチャンネルで公開された、声優・前島亜美が出演するプロモーションビデオ エイベックス傘下のエイベックス・テクノロジーズは4月9日、VR空間で、誰でも1人で短尺アニメ制作が行えるツール「AniCast Maker(アニキャストメーカー)」を4月16日に発売開始する。プラットフォームは米FacebookのVRヘッドセット「Oculus Quest」と「Oculus Quest 2」。価格は2990円。 VR空間にスタジオを作り、演技、カメラ撮影、舞台設定など、様々な役割を1人で行うことで、最大15秒の短尺アニメが制作できるというもの。発売時は2つのキャラクターモデルと、様々な背景や小道具、モーションなどの素材がプリインストールされており、それらを自由に使った短尺アニメ制作が可能となる。今後は、ゲームやアニメ作品とコラボした素材を追加ダウンロー
2021/04/12
【団体】ACPC発表 2020年のライブ市場 総売上額は前年比78.7%減
団体

ACPC発表 2020年のライブ市場 総売上額は前年比78.7%減
 一般社団法人コンサートプロモーターズ協会(ACPC)は4月8日、全国の正会員社を対象に行った、2020年のライブ市場調査データを発表した。 新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、プロモーター各社は膨大な数の公演の開催を自粛。2020年の総公演数は1万637本(前年同期比66.6%減)、総動員数は1,086万6,294人(同78.1%減)、総売上額は779億8,080万円(同78.7%減)と、いずれも大幅減となり、ライブ産業全体が危機的な状況にある。海外アーティストの招聘公演も約9割の動員減で、3月以降はほぼ公演数がゼロとなっている。 ACPCによると、コロナ禍の長期化により、多数の関連企業やフリーランスの事業者の経営状況は極めて深刻になっており、このままでは事業の継続や、これまでの技術・歴史の継承が断ち切られかねない。「音楽コンサートにおける新型コロナウイルス感染予防対策ガイド
2021/04/09
【団体】レコ協、21年3月度ゴールドディスク認定を発表
団体

レコ協、21年3月度ゴールドディスク認定を発表
 日本レコード協会は4月9日、2021年3月度のゴールドディスク認定作品を発表した。 当月は、邦楽シングルのゴールドにStray Kids「TOP -Japanese ver.-」、Sexy Zone「LET'S MUSIC」が認定された。 邦楽アルバムでは、ゴールドに宇多田ヒカル『One Last Kiss』、Sexy Zone『SZ10TH』、どついたれ本舗・Buster Bros!!!、Bad Ass Temple・麻天狼による「ヒプノシスマイク」シリーズの2作、YOASOBI『THE BOOK』の計5作品が認定された。 邦楽ビデオでは、ダブル・プラチナに、Snow Man『Snow Man ASIA TOUR 2D.2D.』が認定されている。
2021/04/09
【サービス終了】「ぴあステーション」「チケットぴあスポット」が6月末運営終了
サービス終了

「ぴあステーション」「チケットぴあスポット」が6月末運営終了
 ぴあは、4月9日、チケット販売方法の多様化に伴い、今年6月末日でチケットぴあ店舗(「ぴあステーション」「チケットぴあスポット」)の運営をすべて終了するとを発表した。 同店舗は、1984年の「チケットぴあ」スタートと同時にオープンしてから、多い時には全国600店以上のネットワークを展開。人気チケット発売時には、前日の夜から店舗前に長い行列ができるなど、チケットサービスを象徴する存在となった。しかし、チケット販売が次第にインターネットへと変化し、現在はECサイト「チケットぴあ」をはじめとするネット販売がその大半を占めるまでになり、チケットぴあ店舗での販売シェアもごく僅かとなったことから、同社はその役目を十分に果たしたとして今回の終了を決定した。 同社は今後、インターネット販売を更に展開し、ユーザーや興行主催者にとって利便性の高いチケットサービスの提供に努めていくとしている。 ■チケ
2021/04/09
【新サービス】SME発ソーシャルドラマ特化YouTubeチャンネル「みせたいすがた」開設
新サービス

SME発ソーシャルドラマ特化YouTubeチャンネル「みせたいすがた」開設
 ソニー・ミュージックエンタテインメント(SME)は4月7日、主にYouTubeやSNSで展開するソーシャルドラマに特化したYouTubeチャンネル「みせたいすがた」を開設した。 「みせたいすがた」は、次世代を担うアーティストや俳優、監督、脚本家にスポットを当て、新たなドラマを生みだすことを目的として企画された。 第1弾作品として配信するのは、青春恋愛ドラマ『水曜日22時だけの彼』(全6話)。バンド・インナージャーニーのドラマーで、ABEMA『オオカミくんには騙されない』に出演して注目を集め、NHK連続テレビ小説『エール』や、TBS系『逃げるは恥だが役に立つ』などで俳優としても活躍するKaito主演で、ヒロインは、映画『猿楽町で会いましょう』で話題の石川瑠華が務める。監督は、『サマーフィルムにのって』の松本壮史が担当。主題歌にはシンガーソングライター・崎山蒼志の楽曲「そのままどこか
2021/04/08
【新サービス】大型マルチスタジオ「GARDEN 新木場FACTORY」が5月にオープン
新サービス

大型マルチスタジオ「GARDEN 新木場FACTORY」が5月にオープン
 株式会社RAWTICが運営するスタジオ規模約200坪、施設総面積400坪の大型スタジオ「GARDEN 新木場FACTORY」が、5月1日、江東区新木場にオープンする。  スタジオは、レイアウト自在の可動式ステージに、AR、XRなどの合成撮影に対応する360度のグリーンバックを常設したマルチスペースとなっており、音楽ライブやファッションショーなどの配信イベントから、ミュージックビデオ、CM、映画などの撮影が可能。常設の音響、照明システム、経験豊富なスタッフにより、映像と音楽のクリエイティブを360 度サポートする。また、キッチン付きラウンジやメイクルーム、シャワー付きのVIP ルームなども完備し、アーティストや出演者にとっても快適なバックヤードを提供していく。 なお、ミュージックビデオやライブ映像を手がける株式会社SEPが4月5日付で資本参画。今後はともにコンテンツビジネスの拡大
2021/04/08
【団体】音楽権利情報を集約化する新団体「一般社団法人音楽情報プラットフォーム協議会」発足
団体

音楽権利情報を集約化する新団体「一般社団法人音楽情報プラットフォーム協議会」発足
 2021年4月1日、音楽関係団体等は、「一般社団法人音楽情報プラットフォーム協議会」を新たに設立し、文化庁が2017年度から3年間にわたり実施した実証事業で実験公開した『音楽権利情報検索ナビ』の運営を引き継ぎ、同日から公開を開始した。公開楽曲情報は約992万曲(CD:670万曲、配信:320万曲)、CDアルバム情報は約55万件。 同団体の前身は、1999年に日本音楽著作権協会(JASRAC)、日本芸能実演家団体協議会(芸団協)及び日本レコード協会(RIAJ)が設立した任意団体(2017年にはNexToneも加盟)である「ミュージック・ジェイシス協議会」だ。各団体が有する音楽作品に係る情報、実演家情報、レコード情報等を集約した、音楽情報総合ポータルサイト『Music Forest(音楽の森)』を運営し、幅広い音楽利用者に提供することにより、権利処理の円滑化を図ってきた。 2017年
2021/04/08
【新サービス】ソニー・ピクチャーズ、世界初のコロンビア ピクチャーズテーマパークを今秋オープン
新サービス

ソニー・ピクチャーズ、世界初のコロンビア ピクチャーズテーマパークを今秋オープン
 Sony Pictures Entertainmentとタイを拠点にアトラクション開発を行うAmazon Falls.は4月7日、世界初となるコロンビア ピクチャーズのテーマ&ウォーターパーク「Columbia Pictures’ Aquaverse」をオープンする契約を締結したと発表した。 同テーマパークは、タイ・パタヤから20分、バンコクから90分に位置するバンサレーにオープン。今年10月より段階的に稼働していく予定で、映画の世界を体感できる8エリアに、『ゴーストバスターズ』、『ジュマンジ』、『バッドボーイズ』、『メン・イン・ブラック』、『モンスター・ホテル』などの人気キャラクターを使用したアトラクションのほか、ライブショーや没入型エンタテインメント、小道具・セット体験、テーマレストラン、グッズ・土産店などが展開される予定となっている。
2021/04/08
【新サービス】NexTone、次世代原盤管理システムを稼働
新サービス

NexTone、次世代原盤管理システムを稼働
 NexToneは4月7日、同社で展開するデジタルコンテンツディストリビューションサービスにおいて、次世代原盤管理システム「Contents Passport」の稼働を開始したことを発表した。 同システムは、時代に即した柔軟かつ最適な原盤管理の遂行を目的として、2019年から構想が進められていた。同システムによって、より高精度なディストリビューションサービスが可能となり、権利者の利益が最大化されるという。 主な機能としては、下記5点が挙げられている。●国際標準であるDDEX(Digital Data Exchange)に準拠したメタデータを構成●マーケティング活用に最適なデータ構造を構築●各音楽配信プラットフォームと連携したスムーズなデリバリー●メタデータの修正やテイクダウン等にも即時対応●歌詞データ表示の連携を実現(近日予定) 同社では、今後も多くの機能を搭載する予定となっており
2021/04/08
【プレミア配信】アリアナ・グランデ、YouTubeで120分にわたるMV上映会
プレミア配信

アリアナ・グランデ、YouTubeで120分にわたるMV上映会
 アリアナ・グランデの最新アルバム『ポジションズ』に新曲が5曲追加された『ポジションズ(デラックス)』の日本盤(4月9日発売)のリリースを記念して、4月11日(日)21:00よりアリアナのミュージックビデオが約120分にわたってYouTubeで配信される。配信はプレミア公開となり、参加者同士でチャットもできるファン参加型の上映会となる。 また、その日本盤には、世界で唯一、かつ洋楽アーティストとしては史上初の、アリアナのアクリル・スタンド(アクスタ)が付いてくるとあり、アリアナも自身のFacebookで、このアクスタについて投稿したことから、日本のファンのみならず世界中のファンの間で大きな話題を呼んでいる。 さらに、米デミ・ロヴァートが、4月2日に発売した約4年ぶりのニューアルバム『Dancing With The Devil... The Art Of Starting Over』
2021/04/06
【新サービス】NTTドコモ、5G対応のライブ映像配信クラウドサービス提供開始
新サービス

NTTドコモ、5G対応のライブ映像配信クラウドサービス提供開始
 NTTドコモは、株式会社ソリトンシステムズが提供するライブ映像配信クラウドサービス「Cloud Video Switcher(TM)」を、5Gソリューションとして4月1日より提供を開始した。 「Cloud Video Switcher(TM)」は、専用アプリを使い、撮影した映像をSNSなどの配信プラットフォームへ簡単に出力できるクラウドサービス。カメラと送信機を使った本格的な撮影にも、スマートフォンによる手軽な撮影にも対応しており、最大6台のカメラから送られる映像から好きな映像を選んで配信することができる。 また、テロップやオーディオの追加も可能なうえ、映像の切り替えはクラウド上のアプリケーションで行うため、物理的な専用機材は不要となる。なお使用にあたっては、撮影用のスマートフォンもしくはビデオカメラと送信機もセットになったレンタルプランが用意されている。活用イメージシステム構
2021/04/02
【新サービス】音楽フェスを“そのまま”配信 「マルチ・タイムテーブル配信機能」7月までに実装
新サービス

音楽フェスを“そのまま”配信 「マルチ・タイムテーブル配信機能」7月までに実装
 動画配信サービス「MUSIC/SLASH」を運営するSPOONは、1枚の配信チケットで同時に複数のステージから配信されているコンテンツを自由に切り替えて試聴できる「マルチ・タイムテーブル配信機能」を2021年夏までに実装し、サービスの提供を開始すると発表した。「マルチ・タイムテーブル配信機能」は、複数のステージで同時にパフォーマンスが繰り広げられる音楽イベント、いわゆる音楽フェスを、そのまま配信することを可能にした配信システム。ユーザーは1枚の配信チケット(イープラスで購入)で「MUSIC/SLASH」が配信する対象配信番組にログインすると、音楽フェス会場で複数のステージを行き来するように、目当てのアーティストの出演スケジュールに合わせてタイムテーブル間を自由に行き来しながら配信を楽しむことができる。 なお、「MUSIC/SLASH」の特徴である高音質とDRM(デジタル著作権管理
2021/04/02
【番組】20周年を迎えた音楽番組「ようこそ夢街名曲堂へ!」特別プログラム放送
番組

20周年を迎えた音楽番組「ようこそ夢街名曲堂へ!」特別プログラム放送
 K-mix(静岡エフエム)で放送中のラジオ番組『ようこそ夢街名曲堂へ!』(毎週土曜放送/パーソナリティ:長門芳郎、土橋一夫)。東京の片隅にある架空のレコード店「夢街名曲堂」を舞台にした、ドラマ仕立ての音楽バラエティ番組である。 2001年4月に放送を開始した同番組は、今年4月3日の放送をもって20周年を迎える。それを記念して、4月3日(土)、10日(土)と2週にわたって特別プログラム「ようこそ夢街名曲堂へ!20周年記念特集」が放送される。 番組に縁のあるミュージシャンからのコメントや、同番組のために用意されたスペシャル音源(全て未発売音源!)に加え、懐かしい初期の放送アーカイブからの蔵出し音源もオンエアされるという。■「ようこそ夢街名曲堂へ!20周年記念特集 Part.1」・放送日時:2021年4月3日(土)21:00・21:55 O.A.・放送局:K-mix(静岡エフエム)・パ
2021/04/01
【団体】JASRAC、最高裁判所に上告提起と上告受理の申立て
団体

JASRAC、最高裁判所に上告提起と上告受理の申立て
 日本音楽著作権協会(JASRAC)は3月31日、音楽教室事業者が日本音楽著作権協会(JASRAC)を被告として提起した「音楽教室における請求権不存在確認訴訟」について、3月18日の控訴審で言い渡された判決を不服として、最高裁判所に対し上告提起と上告受理の申立てを行った。上告理由等については、今後裁判手続きの中で明らかにしていくとしている。<一審判決以降の経過>2020年2月28日:一審判決言渡し(JASRAC全面勝訴)     <参考:2020年2月28日付JASRACプレスリリース>2020年3月4日:音楽教室事業者が知的財産高等裁判所に控訴2020年11月25日:弁論準備手続(非公開)2021年1月14日:口頭弁論(公開) 審理終結2021年3月18日:判決言渡し(公開)     <参考:3月18日付JASRACプレスリリース>
2021/04/01
【動画配信】U-NEXTが米ワーナーメディアと独占パートナーシップ契約を締結
動画配信

U-NEXTが米ワーナーメディアと独占パートナーシップ契約を締結
 動画配信サービス「U-NEXT」を運営するU-NEXTはこのほど、米ワーナーメディアとSVOD(サブスクリプションビデオオンデマンド)における独占パートナーシップ契約締結を発表した。これにより、アメリカの放送局HBO、ワーナーメディアが提供する動画配信サービスHBO Maxのオリジナル新作が、U-NEXTで独占見放題配信されるほか、人気ドラマシリーズやドキュメンタリーなども楽しめるようになった。 ■【特集】Netflixのエミー賞史上最多ノミネートが日本のエンタメ界に与える変化 4月1日よりリドリー・スコットが製作総指揮を担当した『レイズド・バイ・ウルブス/神なき惑星』や、プロゴルファーのタイガー・ウッズの栄光と挫折を映し出したドキュメンタリー『タイガー・ウッズ/光と影』の配信がスタート。『レイズド・バイ・ウルブス/神なき惑星』は、神秘的な惑星で人間の子供を育てる2体のアンドロイ
2021/04/01
【団体】JASRAC、震災復興支援基金寄付の複合文化施設がオープン
団体

JASRAC、震災復興支援基金寄付の複合文化施設がオープン
 日本音楽著作権協会(JASRAC)が、東日本大震災復興支援「こころ音(ね)プロジェクト」を通じ、建築費用の一部を寄付した宮城県石巻市の複合文化施設「マルホンまきあーとテラス」(宮城県石巻市開成1-8)が、4月1日に開館した。「マルホンまきあーとテラス」外観      「マルホンまきあーとテラス」大ホール「こころ音プロジェクト」は、JASRACの会員・信託者が指定した作品の著作物使用料を、震災復興支援基金「こころ音基金」として預かり、東日本大震災の復興支援に役立てる取り組み。同施設へは、同基金合計額46,571,911円のなかから1,500万円が建築費用の一部として寄付された。JASRACはこれまでにも、同プロジェクトを通じ、岩手県釜石市の市民ホール「TETTO」、岩手県陸前高田市の市民文化会館「奇跡の一本松ホール」へも建築費用の一部を寄付するなど、被災地支援に取り組ん
2021/04/01
【新サービス】スペシャ月額サブスク型動画配信サービス「スペシャオンデマンド」プレオープン
新サービス

スペシャ月額サブスク型動画配信サービス「スペシャオンデマンド」プレオープン
 スペースシャワーネットワークは、多様化する音楽コンテンツの視聴ニーズに対応する新たな事業として、月額サブスクリプション型の音楽専門動画配信サービス「スペシャオンデマンド」を3月31日よりスタートした。 スペシャオンデマンドは、スペースシャワーの音楽動画コンテンツを集合させた、音楽専門動画配信サービス。ペースシャワーTVで放送された過去の番組のアーカイブが観られるだけでなく、ここでしか観ることのできない豊富なオリジナルコンテンツを、スマートフォンやPC、タブレットで、好きな時に、好きな場所でも視聴できるというもの。現在、無料トライアル期間中で、2021年5月31日までは会員登録のみで無料で楽しむことができる。6月1日の本オープン(予定)以降のサブスクリプションサービスの利用料金は 月額770円(税込)となる。■スペシャオンデマンド URL
2021/04/01
【音楽】ソニーミュージック、SNSの人気漫画と新人アーティストによるコラボ企画始動
音楽

ソニーミュージック、SNSの人気漫画と新人アーティストによるコラボ企画始動
 ソニーミュージックは3月31日より、SNSで人気の漫画家作品と同社の新人アーティストがコラボレーションする新プロジェクト・音で読む物語「ヨムオト」プロジェクトを開始した。「ヨムオト」プロジェクトでは、SNSで話題の漫画作品を題材に、同社の新人開発セクション「SDグループ」が育成中のアーティストがオリジナル楽曲を書き下ろし、原作漫画を活用したミュージックビデオ(MV)とともに配信。ジャンルの異なるクリエイターがコラボレーションすることで、互いの才能が呼応した新たな作品を生み出していく。 第1弾として、本日3月31日より、ますだみく(漫画)×水谷怜(楽曲)による「もし好きと言ったら君は笑ってくれるかな」、やまもとりえ(漫画)×mibuki(楽曲)「ねこでよければ」の2作品の配信がスタート。今後も順次配信を開始する予定となっている。音で読む物語「ヨムオト」プロジェクト 配信概要】■第1
2021/03/31
> MORE