Member's Login

会員ログインはこちら閲覧には会員登録が必要です
音楽
映像ソフト
書籍
商品・データ・サービス等
お問い合わせ
サービスのご案内

Ranking Topics

【コミック】『進撃の巨人』最新33巻が1位、『呪術廻戦』が2位から16位を独占
コミック

『進撃の巨人』最新33巻が1位、『呪術廻戦』が2位から16位を独占
 1月25日付(集計期間:1/11〜1/17)【コミック】では、諫山創の人気コミック『進撃の巨人』最新33巻が、週間売上22.7万部で、先週1/18付での2位から順位を上げ1位を獲得。 2009年9月から連載が開始された本作は、21年4月9日発売の「別冊少年マガジン5月号」に最終話を掲載、6月9日発売のコミックス34巻が最終巻となることが発表され、11年半にわたる物語の完結が話題となっている。 そして、芥見下々の人気コミック『呪術廻戦』がシリーズでランキングを独占。 先週1/18付でシリーズ初の1位となった最新14巻が、週間売上19.1万部で2位を獲得したのをはじめ、本作の前日譚である『呪術廻戦 0 東京都立呪術高等専門学校』を含む既刊15巻が、同ランキング2位〜16位にランクインした。 同日付【BOOK】では、(著)アンデシュ・ハンセン/(訳)久山葉子『スマホ脳』が、週間売上1
2021/01/21
【ミュージックDVD・BD】嵐、今週も音楽映像作品17作がランクイン
ミュージックDVD・BD

嵐、今週も音楽映像作品17作がランクイン
 1月25日付(集計期間:1/11〜1/17)【ミュージックDVD・BD】では、先週の1/18付に引き続き、昨年末に活動休止した嵐の音楽映像作品が多数ランクイン。昨年9月に発売された嵐の20周年記念ライブ映像作品『ARASHI Anniversary Tour 5×20』は、週間売上DVD:0.3万枚、BD:0.2万枚、合計売上0.5万枚で3位。一昨年10月に発売された20周年記念ビデオ・クリップ集『5×20 All the BEST!! CLIPS 1999-2019』も合計売上0.1万枚で8位にランクインした。 さらに、嵐の音楽映像作品全24作品のうち、上記2作品を含む17作品がTOP50内に入り、先週の1/18付で記録した「16作品」を上回る結果となった。 また、同日付【DVD】でも、嵐の映像作品合計14作品(『C×D×G no ARASHI! Vol.1』、『C×D×G n
2021/01/20
【YouTubeチャート】女子高生ネットシンガーAdo「うっせえわ」が初の1位
YouTubeチャート

女子高生ネットシンガーAdo「うっせえわ」が初の1位
 2021年1月2週目(2021.1/8〜1/14)のYouTubeチャートTOP100の総視聴回数は、前週の2桁減少から一転、前週比16.9%増とプラスに転じた。 今週の1位(前週4位)は、女子高生ネットシンガー・Adoのデビュー作「うっせえわ」(視聴回数1496.4万回)。13位に初登場して以来、10週目にして初の首位獲得となり、週間の再生回数を自身初の1千万台に乗せた。中学生で歌い手としての活動を始め、数々のボカロPの作品に参加。くじら「金木犀 feat. Ado」やjon-YAKITORY「シカバネーゼ feat. Ado」といった楽曲がストリーミングシーンでスマッシュヒットして注目を集めた。ニコニコ動画周辺ではすでに評判が高かったAdoだが、昨年10月に自身名義による初のオリジナル曲で、メジャーシーンに打って出た。 「うっせえわ」の作詞・作曲・編曲はボカロPのsyudo
2021/01/19
【デジタル】YOASOBI、史上4組目の週間デジタルランキング3冠達成
デジタル

YOASOBI、史上4組目の週間デジタルランキング3冠達成
 1月25日付(集計期間:1/11〜1/17)【デジタル】では、YOASOBIが各ランキングで1位を獲得。【デジタルシングル】では、「怪物」が、週間DL数2.3万DL(22,721DL)で、【デジタルアルバム】では、『THE BOOK』が、週間DL数1.0万DL(10,435DL)で、さらに【ストリーミング】でも、「夜に駆ける」が、週間再生数1,071.6万回(10,715,705回)で1位となり、今年度初の「週間デジタルランキング3冠」を達成した。「週間デジタルランキング3冠」となるのは、2020/10/26付で記録したLiSA以来、史上4組目の達成となった。【参考1】2020/10/26付のLiSAは、デジタルシングル(単曲)、ストリーミングは「炎」、デジタルアルバムは『LEO-NiNE』で記録。【参考2】「週間デジタルランキング3冠」を記録した他アーティスト:Official
2021/01/19
【ストリーミング】YOASOBI「夜に駆ける」が約4ヶ月ぶりの首位返り咲き
ストリーミング

YOASOBI「夜に駆ける」が約4ヶ月ぶりの首位返り咲き
 21.1/25付(集計対象期間:21.1/11〜1/17)週間ストリーミングランキングTOP100動向。TOP100内の総再生数は前週比5.0%アップの2億4409.1万回となった。年末年始はストリーミング再生数がやや落ち込んでいたが、徐々に戻りつつある。 1位(前週2位)はYOASOBI「夜に駆ける」(再生数1071.6万回)。週間の再生数を初の1千万台にのせ、20年9/14付以来の首位返り咲きとなった。20年大晦日の『NHK紅白歌合戦』への初出演で認知を拡大したことや、初のCDアルバム『THE BOOK』のリリース効果もあり、TOP100内にランクインしている8作(前週:8作)の再生数はいずれも前週よりも大幅アップ。合計再生数は、前週の約1.3倍に膨らんでいる。6位(前週32位)の「怪物」(同561.4万回)は、前週よりも再生数が300万回以上伸びている。1月18日には民放の
2021/01/18
【アルバム】『ヒプノシスマイク』のTVアニメ音楽集、初登場1位
アルバム

『ヒプノシスマイク』のTVアニメ音楽集、初登場1位
ヒプノシスマイク−Division Rap Battle−『Straight Outta Rhyme Anima』 1月25日付(集計期間:1/11〜1/17)【アルバム】では、音楽原作キャラクターラッププロジェクト『ヒプノシスマイク』のTVアニメ音楽集、『Straight Outta Rhyme Anima』(ヨミ:ストレート アウタ ライムアニマ)が、初週売上4.1万枚で初登場1位を獲得した。 『ヒプノシスマイク-Division Rap Battle-』は、イケブクロ・ヨコハマ・シブヤ・シンジュク・オオサカ・ナゴヤの6ディビジョン(区画)を拠点とする「Buster Bros!!!」、「MAD TRIGGER CREW」、「Fling Posse」、「麻天狼」、「どついたれ本舗」、「Bad Ass Temple」の6チームが繰り広げるラップバトルが人気の、男性声優18人による
2021/01/18
【シングル】ジャニーズWEST、初週20万超えで5作連続、通算10作目の1位
シングル

ジャニーズWEST、初週20万超えで5作連続、通算10作目の1位
ジャニーズWEST「週刊うまくいく曜日」 1月25日付(集計期間:1/11〜1/17)【シングル】では、ジャニーズWESTの15thシングル「週刊うまくいく曜日」が、2020/7/6付での前作「証拠」の初週売上21.2万枚を上回る22.7万枚で初登場1位を獲得。これで前作「証拠」に続き、5作連続、通算10作目の1位となり、これで自身のシングル作品初週売上20万枚超えは、2作連続、通算3作目となった。 本作は、メンバー・桐山照史主演で現在オンエア中のTVドラマ『ドラマホリック! ゲキカラドウ』(テレビ東京系)主題歌。ロックバンド・サンボマスターの山口隆による書き下ろしで、ホーンセクションとバンドサウンドが特徴の、明るく前向きなナンバーに仕上がっている。ミュージックビデオでは、自動車整備士やタクシー運転手など様々な職業に扮したメンバーが、日々の苦労や仕事の葛藤を吹き飛ばすように歌唱する
2021/01/18
> MORE

Special

【特集】ボブ・ディラン、全楽曲の音楽著作権をユニバーサルへ売却の衝撃
特集

ボブ・ディラン、全楽曲の音楽著作権をユニバーサルへ売却の衝撃
 昨年12月、米音楽大手ユニバーサル・ミュージック・グループ(UMG)の、米シンガー・ソングライター、ボブ・ディランの全楽曲の音楽著作権取得のニュースは、国内外で大きく報じられた。これまで60年のキャリアの中で手がけた楽曲は600曲を超え、買収価格は明らかにされていないが、数億ドル(数百億円)に上るのではないかと言われている。UMGがプレスリリースで「今世紀で最も重要な音楽出版契約で、史上最も重要なものの1つ」とした今回の契約は、どういう意味を持ち、今後どのような影響を及ぼしていくのだろうか。音楽出版は安定した収入を得られる優良な投資案件 「時代の代弁者」「ロックの詩人」と呼ばれ、世界中のミュージシャンに多大な影響を与え、2016年に歌手として初めてノーベル文学賞にも選ばれた音楽界の生きるレジェンド、ボブ・ディラン。その全楽曲の音楽著作権の推定買収額は、果たして高いのか、妥当なのだ
2021/01/20
【特集】2021年音楽ライブ配信展望 オンラインで重要な3つのポイント「継続」「テンポ感」「多彩さ」
特集

2021年音楽ライブ配信展望 オンラインで重要な3つのポイント「継続」「テンポ感」「多彩さ」
 20年の国内音楽シーンの動向を振り返えると、「ライブ配信の年だった」と言ってよいだろう。ここ数年で音楽ビジネスの中心となったライブ・エンタテインメントが、全世界を襲ったパンデミックによって自粛せざるを得なくなり、多くのアーティストが一斉にライブ配信へと舵を切った。そしてその内容は、リアルなライブ以上に、アーティストの個性を色濃く反映したものとなった。試行錯誤の末にたどり着いたライブ配信の3つのタイプ 春先は、ある意味で「ライブの代わり」として注目されたライブ配信であったが、それはすぐに「ライブとは別の、新しいオンライン・コンテンツ」という認識に変わったことで、配信する側も、視聴者側も、さらにはプラットホーム側も、全員が手探りの状況でさまざまなスタイルのライブ配信が試みられた。そうして今、現状で考え得る試行錯誤が一巡し、ライブ配信のアプローチもいくつかのタイプに集約されてきたと言え
2021/01/12
> MORE

Topics

【新サービス】バンダイナムコアーツ、映像制作者向け音源DLサービス開始
新サービス

バンダイナムコアーツ、映像制作者向け音源DLサービス開始
 バンダイナムコアーツは、映像制作者向けに一般市販曲を含む音楽レーベル「ランティス」の楽曲音源を無料で提供する新サービス「Arts Music Catalog」(AMC)を21年1月20日より開始した。「Arts Music Catalog」は、放送局・音効会社・映像制作者に向けたプロユースの音源ダウンロードサービスで、バンダイナムコアーツが権利を有する「ランティス」レーベルの音源を、映像制作に携わる企業および個人向けに無料で提供する。 本サービスは、アニメやドラマの劇伴を手掛ける作家数400名以上、楽曲数13,000曲以上の一般市販曲およびオリジナル曲が無料で利用可能となるもので、イメージに合った楽曲を素早く検索することができるため、選曲作業の効率化が図れるのが特徴。また、提供音源は随時追加し、季節や用途に合わせた特集のプレイリストも定期的に更新する。 サービス開始当初は、放送利
2021/01/21
【新プログラム】Spotify、次世代音声コンテンツクリエイターへのサポート・プログラム開始
新プログラム

Spotify、次世代音声コンテンツクリエイターへのサポート・プログラム開始
 オーディオ ストリーミングサービス Spotifyは、「発掘(Discovery)」、「共有(Community)」、「育成(Incubation)」を3つの軸に次世代を担う音声コンテンツクリエイターの創作活動を支援し、国内音声市場のさらなる活性化を促す目的で、「クリエイター・サポート・プログラム」をスタートする。「クリエイター・サポート・プログラム」は、才能ある音声コンテンツクリエイターを発掘し、データやナレッジ、プロモーション機会を提供することで、キャリア基盤を確立できるようにサポートしていくプログラム。「発掘」では、アワードやイベントへの協賛・協力を通じて、質の高い音声コンテンツを既に制作・配信している個人クリエイターをいち早く「発掘」し、より多くのリスナーに発見されるように協力。「共有」では、専用サイトやSNSでの発信、イベントやウェビナーの定期開催などを通じて最新情報や
2021/01/21
【イベント支援】緊急事態宣言にともなって中止したイベント等のキャンセル費用 最大2500万円支援 
イベント支援

緊急事態宣言にともなって中止したイベント等のキャンセル費用 最大2500万円支援 
 政府は、緊急事態宣言を出した地域などで開催を中止、延期したイベントについて、会場のキャンセル費用など最大2500万円を支援すると発表した。 支援の対象となるのは、緊急事態宣言が再発令された地域や、それに準ずる地域のイベントや遊園地の主催・運営法人。緊急事態宣言発令期間内に予定されていた音楽や演劇、伝統芸能などの公演、展示会や遊園地について、イベント開催制限や施設利用に関する協力依頼により、中止もしくは延期したことにより発生した会場のキャンセル費用やチケットの払い戻し手数料などの経費が、最大で2500万円支援される。 ただし、中止、延期になったイベントのPR動画を制作・配信し、それによりイベントの海外展開や訪日外国人の増加につながるものであることが条件となっており、PR動画の作成、配信費用も支援の対象となる。申請に必要な書類や申請の開始時期などは、決まり次第発表するとしている、緊急
2021/01/21
【団体】JASRAC、21年3月分配期に限り、管理手数料実施料率を一部引き下げ
団体

JASRAC、21年3月分配期に限り、管理手数料実施料率を一部引き下げ
 日本音楽著作権協会(JASRAC)は、著作物使用料等を作詞者・作曲者・音楽出版社等の権利者に分配する際に控除する管理手数料の実施料率を、21年3月分配期に限り、下記の表のとおり引き下げる。  JASRACでは、経常収益(※1)が経常費用(※2)を上回った場合は、収支差額金として翌年度に権利者へ分配している。決算前においても、収支差額金となることが確実に見込まれる部分については、できる限り早く権利者に還元するよう努めている。 20年度(20年4月〜21年3月)については、新型コロナウイルスの感染拡大の影響を受け経常収益の減少が見込まれたため、経常費用の削減に努め、年度内最後の分配期となる21年3月分配期に適用する実施料率を引き下げるとのこと。 対象となる使用料の区分は、「演奏等」「放送等」「有線放送等」「業務用通信カラオケ」「インタラクティブ配信」となる。※1 著作物使用料を分配
2021/01/20
【団体】レコ協、20年12月度ダウンロード認定を発表
団体

レコ協、20年12月度ダウンロード認定を発表
 日本レコード協会は21年1月20日、20年12月度ダウンロード認定作品を発表した。 当月は、シングルトラックで、トリプル・プラチナに、back number「高嶺の花子さん」、May'n / 中島 愛「ライオン」、LiSA「炎」、ダブル・プラチナに、米津玄師「感電」、プラチナに、Uru「あなたがいることで」、中山美穂&WANDS「世界中の誰よりきっと」、NiziU「Make you happy」、ゴールドに、King Gnu「三文小説」他4作品が認定され、洋楽ではプラチナに、マルーン5「シュガー」が認定されている。
2021/01/20
【新サービス】ポニーキャニオン、新世代アーティストを発掘・サポートするPR型デジタルディストリビューションサービス『early Reflection』スタート
新サービス

ポニーキャニオン、新世代アーティストを発掘・サポートするPR型デジタルディストリビューションサービス『early Reflection』スタート
 ポニーキャニオンは、PR型デジタルディストリビューションサービス『early Reflection』(アーリー・リフレクション)を開設し、新世代アーティスト向けに音楽配信代行、楽曲プロモーションサービスの提供をスタートした。『early Reflection』は、アーティストとDSP(Digital Service Provider)、ユーザーとのエンゲージメントを高め、最先端のマーケティング手法を用いて、新世代アーティストがより活躍できるようなサポートサービスを展開する。 また、プレイリストやストリーミングを主軸としたカルチャー系音楽メディア『DIGLE MAGAZINE』とコラボレーションし、アーティストインタビューと連動したプレイリストや、音楽的視点のみに留まらないユニークな切り口のプレイリスト紹介、音楽と紐付くさまざまなカルチャー情報など、ストリーミングを軸にライフスタイ
2021/01/19
【新ビジネスモデル】大阪音楽大学内に設立した音楽プロダクション「大音ラボ」実績堅調
新ビジネスモデル

大阪音楽大学内に設立した音楽プロダクション「大音ラボ」実績堅調
 2017年に学校法人大阪音楽大学が設立した「大音ラボ」は、日本で初めて大学内に設置された音楽プロダクションで、音楽大学の学びと音楽業界をリンクさせるべく、スーパー・クリエーターの育成輩出を掲げる「ミュージッククリエーション専攻」が主体となって構築した。 「大音ラボ」では、クリエーション専攻の成績優秀者を作家として起用し、在学中から仕事としてTVCMや映画、テレビ番組などの音楽制作を行っている。 学内には全てのジャンルに対応した「録音スタジオ」を備えており、ミックス/マスタリングまで、音楽制作の全工程をプロダクション内で完結することが可能。また、学生が作曲した楽曲の権利を守るための著作権管理システムも整えており、在学中からプロとして本格的に活動することができる。 これまで18組の学生が「大音ラボ」の音楽制作に参加し、依頼に応じた楽曲を提供してきたが、2019年に手掛けたアニメの劇
2021/01/18
【新番組】Spotify、TVアニメ『呪術廻戦』オリジナル・ポッドキャスト番組配信開始
新番組

Spotify、TVアニメ『呪術廻戦』オリジナル・ポッドキャスト番組配信開始
 音楽ストリーミングサービスSpotifyは、人気TVアニメ『呪術廻戦』と連動したSpotifyオリジナル・ポッドキャスト番組『呪術廻戦 じゅじゅとーく』を1月22日(金)から配信開始する。 『呪術廻戦』集英社「週刊少年ジャンプ」で連載中の芥見下々(あくたみ・げげ)による漫画作品。20年10月よりMBS/TBS系全国28局ネット“スーパーアニメイズム”枠(毎週金曜日深夜25時25分〜)でTVアニメの放映が始まると急速に人気が拡大し、シリーズ累計発行部数は2000万部を突破している。今年1月15日からは第2クール「京都姉妹校交流会編」の放送が始まっている。 1月22日から配信される『呪術廻戦 じゅじゅとーく』は、主人公の虎杖悠仁役を務める声優の榎木淳弥が番組ホストとなり、毎回『呪術廻戦』の出演声優をゲストに迎えて、収録の裏側や同日放送エピソードの見どころなどを約25分にわたり届ける
2021/01/18
【ライブ配信】久保田早紀、佐野元春、REBECCA、TM NETWORKほか、トップアーティストたちのライブ映像/MVを無料配信!
ライブ配信

久保田早紀、佐野元春、REBECCA、TM NETWORKほか、トップアーティストたちのライブ映像/MVを無料配信!
 トップアーティストの貴重なライブ映像やミュージックビデオを公開する特別企画「曲!音楽映像万博 2021 〜STAY AT HOME & ENJOY THE MUSIC!!〜」の第2弾が1月14日にスタートした。 この企画は20年5月に、ソニー・ミュージックダイレクトのオフィシャルサイト「otonano」でスタートした「STAY AT HOME & WATCH THE MUSIC」をパワーアップさせたもので、久保田早紀、佐野元春、ストリート・スライダーズ、大沢誉志幸、TM NETWORK、REBECCA、岡村靖幸、エレファントカシマシ、THE BOOM、すかんち、といった、ソニー・ミュージックの歴史を彩ってきた一流アーティストたちの映像作品を期間限定で無料公開。ライヴ映像を中心に、ミュージックビデオなどもラインナップに加わっている。 「極!音楽映像万博 2021 〜STAY AT
2021/01/15
【団体】レコ協、20年12月度ゴールドディスク認定を発表
団体

レコ協、20年12月度ゴールドディスク認定を発表
 日本レコード協会は1月15日、2020年12月度ゴールドディスク認定作品を発表した。 当月は、邦楽シングルで、ダブル・プラチナに、King&Prince「I promise」、櫻坂46「Nobody's fault」、プラチナに、NiziU「Step and a step」、LiSA「紅蓮華」、ゴールドに、King Gnu「三文小説/千両役者」、NEWS「ビューティフル/チンチャうまっか/カナリヤ」、モーニング娘。'20「純情エビデンス/ギューされたいだけなのに」が認定され、邦楽アルバムでは、ダブル・プラチナにKing Gnu『CEREMONY』、プラチナに、BTS『BE(Deluxe Edition)』、Hey! Say! JUMP『Fab! -Music speaks.-』、Mr.Children『SOUNDTRACKS』、ゴールドに、KinKi Kids『O album』、
2021/01/15
【リリース】音楽プロデューサー松尾潔の初小説 音楽業界の内実を克明に描いた『永遠の仮眠』
リリース

音楽プロデューサー松尾潔の初小説 音楽業界の内実を克明に描いた『永遠の仮眠』
『永遠の仮眠』表紙カバー 2021年2月17日発売/新潮社・刊/1700円(税別) 第50回日本レコード大賞をはじめ、数々の受賞歴を持つ音楽プロデューサーの松尾潔氏が2月17日、初小説となる『永遠の仮眠』を新潮社より発売する。 松尾氏は1968年生まれ、福岡市出身。SPEED、MISIA、宇多田ヒカルのデビューにブレーンとして参加した後、プロデューサー、ソングライターとして、平井堅、CHEMISTRY、東方神起、三代目J SOUL BROTHERS、JUJU等を手がけて、多くのヒットを創出。これまで提供した楽曲の累計セールス枚数は3000万枚を超す輝かしい経歴を持つ。 本書では、音楽プロデューサーとシンガーの邂逅を通じて、音楽業界の内実が描かれている。主人公は42歳の男性音楽プロデューサー。とあるテレビドラマの主題歌を巡り、人生の岐路に立っている主人公と常に高視聴率を保持しているテ
2021/01/15
【トレンド】21年ブレイク必至 Spotify注目の次世代アーティスト「RADAR:Early Noise 2021」発表
トレンド

21年ブレイク必至 Spotify注目の次世代アーティスト「RADAR:Early Noise 2021」発表
 世界79の国と地域で3億2000万人以上のユーザーが利用する音楽ストリーミングサービス Spotifyは、今年飛躍が期待される注の新進気鋭・国内アーティスト10組を「Early Noise2021」として選出した。 「Early Noise」は、Spotifyがその年に注目する次世代アーティストを年初に発表し、同名のプレイリストを通じ、耳の早い音楽ファンにいち早く紹介する新人サポートプログラム。プレイリストで出会った気になるアーティストのパフォーマンスを直接体験できるショーケースライブ「Spotify Early Noise Night」も定期的に開催され、1年を通して継続的に応援するもので、これまでに、あいみょん、Official 髭男dism、King Gnu、ビッケブランカ、Vaundyなど、さまざまなアーティストがここから多くの新しいリスナーを獲得し、次のステージへステッ
2021/01/14
【コンテスト】若手アーティストを応援する「AWA ROOKIES STAGE」を開催
コンテスト

若手アーティストを応援する「AWA ROOKIES STAGE」を開催
 AWAが運営する、サブスクリプション型(定額制)音楽ストリーミングサービス「AWA(アワ)」は、2021年1月13日(水)より、コロナ禍で活動が制限された20歳以下の若手アーティストの知名度向上を目的とした楽曲コンテスト、「AWA ROOKIES STAGE」を開催する。 同コンテストは、コロナ禍でライブ活動などのアーティスト活動が制限されるなか、先が見えない今も努力を続ける若いアーティストの想いを、多くの人に知ってもらいたいとの思いから実施を決定したという。音楽プラットフォームをより広く開放し、世界的な楽器メーカー、ギブソンのグループ・ブランドであるエピフォン、音楽配信代行サービスの「BiG UP!」、国内外の新鋭MUSICを紹介する音楽情報メディアの「Spincoaster」など、多くの企業やブランドが参加する。「AWA ROOKIES STAGE」では、実際にAWA内で楽曲
2021/01/14
【リリース】YOASOBI「夜に駆ける」の原作小説を「耳で観る」オーディオドラマ化
リリース

YOASOBI「夜に駆ける」の原作小説を「耳で観る」オーディオドラマ化
 ソニー・ミュージックエンタテインメント(SME)は、小説を音楽にする音楽ユニット・YOASOBIの第一弾楽曲「夜に駆ける」の原作となった、短編小説『タナトスの誘惑』(星野舞夜著)をベースとしたオーディオドラマ『夜に駆ける』を、2021年1月27日(水)より各配信ストアにてリリースする。人気声優の伊東健人、楠木ともり、細谷佳正、木村昴が出演し、全編にわたって主人公「僕」の視点で進行する、没入感たっぷりの「耳で観る」オーディオドラマとして体験することができる。 今回制作されたオーディオドラマ『夜に駆ける』は、小説投稿サイト「monogatary.com」に投稿された短編小説『タナトスの誘惑』をベースとしたもの。この小説を原作としたYOASOBI第一弾楽曲「夜に駆ける」は、2019年11月にリリースされると瞬く間に注目を集める大ヒット曲となった。 楽曲「夜に駆ける」が話題になるのと並
2021/01/14
【新サービス】BEENOS Entertainment、最短5営業日でECサイトを開設できるサービス「Groobee(グルービー)」をリリース
新サービス

BEENOS Entertainment、最短5営業日でECサイトを開設できるサービス「Groobee(グルービー)」をリリース
 BEENOSの連結子会社で、エンターテインメント産業のデジタルトランスフォーメーション(DX)を支援するBEENOS Entertainmentは、最短5営業日でECサイトを開設できるエンターテインメント特化型プラットフォーム、「Groobee(グルービー)」の提供を1月12日より開始した。 Groobee は、アーティストやアニメ、キャラクターのコンテンツに特化した、エンターテインメントに最適な機能が詰まったサイト構築サービス。初期費用0円からスタートでき、海外向けの販売も可能となる。「Groobee」の概要 最短5営業日で新たにネットショップを開設できるサービス。販売商品情報があれば、初期費用0円で、サイト上のクリエイティブ、CS対応から物流対応までサポート。1つのブランド商材を取り扱う単独型のECサイト構築に加え、アーティストやコンテンツが複数存在するECサイトの場合は、
2021/01/14
【トレンド】ポニーキャニオン×ミクシィ 「harevutai」発バーチャルシンガープロジェクト始動
トレンド

ポニーキャニオン×ミクシィ 「harevutai」発バーチャルシンガープロジェクト始動
 ポニーキャニオンとミクシィは、カラオケ動画/ライブ配信コミュニティアプリ「KARASTA(カラスタ)」内で、2月8日より「harevutai presents Virtual Singer Project」オーディションを共同開催すると発表した。優勝者はポニーキャニオンからデビューし、未来型ライブ劇場「harevutai(ハレブタイ)」(東京・池袋/ポニーキャニオン運営)を基点に、ワールドワイドな展開を視野に入れた新しい発信方法で、ヴァーチャル世界と現実をつないでいく。「harevutai presents Virtual Singer Project」は、未来型ライブ劇場「harevutai(ハレブタイ)」を基点とした新しい時代のヴァーチャルシンガーを発掘していくプロジェクト。プロジェクトから生み出されたヴァーチャルシンガーは、インタラクティブ・パフォーマンス、デジタルリリース
2021/01/13
【団体】音楽業界4団体が「緊急事態宣言下におけるライブイベント公演の開催に関する共同声明」を発表
団体

音楽業界4団体が「緊急事態宣言下におけるライブイベント公演の開催に関する共同声明」を発表
 21年1月7日に政府から緊急時代宣言が発出され、イベント開催制限についての目安となる「新型コロナウイルス感染症対策の基本的対処方針」が改定された。これを受け、日本音楽事業者協会(JAME)、日本音楽制作者連盟(FMPJ)、コンサートプロモーターズ協会(ACPC)、日本音楽出版社協会(MPA)の音楽業界4団体は、緊急事態宣言に基づく対象期間である1月12日(周知期間後の適用開始日)から2月7日までの間における公演開催についての共同声明を発表した。共同声明の内容 私共公演事業者は、政府及び自治体によって示されたイベント開催制限条件に基づき、経済産業省、文化庁を通じ政府関係当局との協議を踏まえ、感染拡大防止対策ガイドラインを遵守し更なる対策の徹底を行い、公演を開催してまいります。〇収容人数制限について・一回の公演あたり、公演会場の収容上限を5,000人、会場キャパシティに対する収容率を
2021/01/13
【ライブ配信】ZARD デビュー30周年を祝う、2大スペシャルイベントを開催
ライブ配信

ZARD デビュー30周年を祝う、2大スペシャルイベントを開催
 音楽ユニットZARDのデビュー30周年を記念した生配信イベントと生配信ライブの開催が決定した。 ZARDのボーカル・坂井泉水の誕生日である2月6日には、バーチャル空間で、ZARDの音楽と花火が競演するVR花火ショー「ZARD 30th Anniversary ONLINE HANABI SHOW 〜Happy Birthday Dear IZUMI SAKAI〜」、そしてデビュー30周年当日の2月10日には、ゆかりの地である東京国際フォーラムより初の生配信ライブ「ZARD Streaming LIVE “What a beautiful memory 〜30th Anniversary〜”」がそれぞれ開催される。 2月6日の生配信イベント「ZARD 30th Anniversary ONLINE HANABI SHOW 〜Happy Birthday Dear IZUMI SAK
2021/01/13
【リリース】真田ナオキの新作で新星堂×ユーズミュージック×JOYSOUND×テイチク4社のコラボキャンペーン開催
リリース

真田ナオキの新作で新星堂×ユーズミュージック×JOYSOUND×テイチク4社のコラボキャンペーン開催
 20年12月30日に生放送された『第62回日本レコード大賞』で、「恵比寿」(作詞作曲・吉幾三)を歌って最優秀新人賞を受賞した、演歌歌手・真田ナオキ。来月2月17日には待望の新曲「本気(マジ)で惚れた」を発売する。 今年の勝負作の発売に向けて、ワンダーコーポレーション(新星堂)とユーズミュージック、エクシング、そして発売元のテイチクエンタテインメントの 4社は、強力なコラボレーションキャンペーン「本気で応援(マジでバックアップ)」を実施する。 第1弾は1月15日からスタートする「真田ナオキ×新星堂 本気惚れ(マジボレ)拠点店・予約キャンペーン」。新星堂全国10店舗を「本気惚れ拠点店」に認定し、店舗ごとにビジュアルの異なる、高さ180センチの「ほぼ等身大バナースタンド」を設置。店頭でのアイキャッチツール効果とともに、バナースタンドを後日抽選で予約者にプレゼントすることで早期からの予約
2021/01/12
【団体】音楽業界4団体が通知、「緊急事態宣言にともなうコンサート・イベント開催について」
団体

音楽業界4団体が通知、「緊急事態宣言にともなうコンサート・イベント開催について」
 21年1月7日付で一都三県に「緊急事態宣言」が発令されたことにともない、日本音楽制作者連盟(FMPJ)、日本音楽事業者協会(JAME)、コンサートプロモーターズ協会(ACPC)、日本音楽出版社協会(MPA)の音楽業界4団体は、同日付で内閣官房から都道府県宛に発出された「事務連絡」の内容を会員社に通知するとともに、来週早々には4団体連名で、「緊急事態宣言におけるイベント開催について見解」を発出すると発表した。■イベント開催制限について通知した主な内容1. 人数制限(上限5,000人、収容率50%)については、すでに発売開始済み公演は対象外2. 施設に対する施設使用制限として営業時間短縮(20時まで)の「働きかけ」3. 移動制限については言及なし 上記2の営業時間短縮(20時まで)に関しては、経済産業省を通じ内閣官房に、「すでに発売開始済み公演は対象外」であることを確認済で、現在、経
2021/01/09
> MORE